12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-01-05 (Thu)
明けましておめでとうございます!(遅)
今年もよろしくお願いします!

精神的喪中含め、諸事情により年賀状をあきらめました愛本です。
早々にたくさんの年賀状を送ってくださいました皆様ありがとうございます。
私は元気です。


年末年始、皆様どのようにお過ごしでしたでしょうか。

SMAPファンにとっては怒涛の年末年始でしたよね…。
前回のブログで思うことをつらつらと書きましたら
たくさんのSMAPファンの方から「同じ気持ちです」と
言ってくださり、少し慰められた気持ちになりました。
たくさんの方に読んでいただき、ほんとにありがとうございました。

実はこの元日、SMAPのことで落ち込んでいるだろうからと
友人からKinKi Kidsのライブに誘ってもらいまして、
KinKi Kids、歌上手いですし(おい)母も一度行きたいと言っていたので
一緒に京セラドームへ行ってきましたんですよ。

もともとKinKi Kidsも好きで、昔は何度かライブにも行ってたのですが、
ほんとに数年ぶりで。
前に行ったときは堂本剛くんがジャック・スパロウになってた頃でした。
それ以来でしたので、覚えているKinKiのライブからは随分と変わっていて
音楽で魅せると言いますか音楽を楽しむといいますか
とてもかっこよかった!

かっこよかったしとても楽しい時間を過ごせて
誘ってもらって、来てよかったなと思いました。

でもそれと別のところで
とても悲しくなったんですよね。

ああもうここでSMAPのライブを見ることはないんだなあと。
いちばん好きだったSMAPにはもう会えないんだなあと。

そうすると、KinKi Kidsのファンの人達がとても羨ましくなってしまい。
いちばん好きな彼らとこの幸せな空間にいられることがとても羨ましくなってしまい。

解散ってこういうことなんだなあと、こうやって少しずつ
現実を受け入れて行くんだなあとしみじみ思いました。

帰り道、母も「ちょっと悲しくなったわ」と言ってましたが
家についてからは「光ちゃんってほんとに王子様みたいやね」とか
「剛くんはほんとに歌がうまいわねえ」とか、楽しそうで
年末年始どんよりしていた我が家でしたが、
久しぶりに楽しいお出かけになってよかったです。

ありがとうKinKi Kids。
ありがとうチケットを譲ってくれた友人。


……えー、新連載のことを書こうと思っていたんですが

長くなったので一回締めますね…


| 日々の雑談 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-12-24 (Sat)
bokusuba1.jpg


大変ご無沙汰しておりました!!!

二度ほど掲載が延びておりました新連載ですが
先日無事に一話目を描き終えまして、予告も掲載されました。


タイトルは「ぼくの素晴らしい人生」


ディスレクシアという文字の読み書きが困難な障害を抱える青年が
自分の障害のことを知らないまま大人になって、とある出会いから
人生が動き出すというお話です。

取材をするほどにこのディスレクシアという障害がほんとに難しく
なかなか主人公が生身の人間として動いてくれるまでにならず
今も若干、見切り発車的なとこr(略)

今月28日発売のBELOVE2号からの隔号連載になります。
前に描いていた「ひまわり!!」同様、偶数号の掲載になります。
発売しましたらまたいろいろ書いてみようかと思います。


んで、お休みの間も月に一回は近況報告のブロクを書こうと思っていたのですが
皆さん御存知の通り、8月にSMAPさんの解散報道がありまして。

気持ち的にはずっと喪中みたいな日々でしたし
ブログを書けばそこに触れないわけにもいかず
でも気持ちも整理できず…。

酷い報道がたくさん流れる中、それに惑わされず本人たちを信じようと
きっとたくさんのファンの人たちも同じ時間を過ごしたのだと思います。

私は慎吾くんが大好きで、ライブでも、どんなマメップ席でも
ひたすら慎吾くんを目で追う(でかいから探しやすい)という人間ですので
特に慎吾くんに関する報道は憤りを感じるものが多かったです。

長年ファンをやってきた人なら、
今さらあの5人が「不仲」で解散するわけ無いと知っています。
そんなもん、メンバーが抜けようが逮捕されようが乗り越えてきた彼らが
いまさらそんな。

ついこないだまで、おじいちゃんになってもSMAPでいたいと
敵が100人来てもSMAPを守ると、彼らはそう言っていたのです。

彼らは仲良しで一緒にいるのではなく、
プロとしての信頼感で結ばれているのだと思ってきました。
だからずっと解散なんて考えたこともなかったし、
生きてる限りSMAPはあるものだと思っていました。

本人たちが前向きに、次のステップのために選んだ道なら
解散でも泣きながらでも受け入れたでしょうが
今回はそうじゃなかった。外から壊された。
それがどうしても許せずに、とうとうそのまま年末を迎えてしまいます。

正直、まだ「解散なんてホントはドッキリなんでしょ?」って思ってる自分もいます。
土壇場で「やっぱり解散やーめた!」って言ってくれないかなって思っています。
一回寝て起きたら「全部夢でした!」ってならないかな?とか。

夏以降、一人の時にSMAPの曲を聞けなくなってしまいました。
ボロ泣きしてしまって何も手につかないからです。
今もこれ書きながらぼろぼろ泣いてます。
愛本はSMAPが結成された年にデビューしたので
いっそ私もここで解散するかと(一人ですが)思ったりもしました。

バカなスマヲタと笑ってください…。

あの謝罪会見以来、事務所の醜さが透けて見えて
他のジャニーズのグループをテレビで観てても
素直に楽しめなくなってしまいました。

紅白も別に出なくていいと思っていたので。
紅白は他の歌手の方々にとっても大切な番組ですし
そこで今まで派閥で共演もさせなかった後輩グループから
感動的に見送られる演出とかされてもね?
めっちゃむかつきますでしょ??

28年も第一線で、沢山の人を励まし
誠実に仕事をし続けてきた彼らの最後が
どうしてこんなことになってしまったのかと
それを思うとほんとに事務所への怒りしか無いのです。

こんなもやもやを抱えながら
それでもSMAPさんたちには感謝しか無い。

楽しかった時も一緒だったし
つらかった時にどれだけ励ましてもらえたかわからない。
一晩中泣きながら「オリジナルスマイル」を聞き続けた夜もありました。
ライブに行けば「あーこれでまた一年頑張ろう!」って思えたし
母もいくつになっても、ライブでは恋する乙女のような顔をしていました。

5人が消えてなくなるわけじゃないので
年が明けてもきっとまた普通に彼らの番組を観て
楽しく過ごすと思います。

でももう確実に、見られない風景があるんだと言う大きな喪失感は
きっとずっと持ち続けるんだろうな。

私がただただ望むことは
彼らが幸せでありますようにということだけです。
この騒動の中一番傷ついて疲れている彼らが
この先本来の自分に戻って、望むように生きていってくれたら
それが一番、観ている私も幸せです。


気持ちが整理できないままつらつら書いたので
まとまりなくてすみません。
1ファンのただのつぶやきです。


新連載のタイトル、SMAPさんのアルバム曲からいただきました。
曲のタイトルは「僕の素晴らしい人生」なのですが
僕をぼくに、すこし変えて。


新連載、頑張ります。

| お仕事NEWS | COM(14) | | TB(0) | |
2016-08-06 (Sat)
kikka.jpg


またちょっとお知らせが遅くなってしまいました。
先日のブログでお知らせした新作「それからの菊花ちゃん」が
発売中のBELOVE16号に掲載されております〜。

菊花ちゃんについてはこないだのブログでいろいろと語ったとおり
私としても思い入れのあるキャラクターで
でも最初に登場させた時にはまさかここまで育ってくれるとは思っていなかったので
こうして番外編で幸せな姿を描かせてもらえたことは予想外の幸運でした。

皆様にも楽しんでいただければ幸いです。


さて、読者の方には「なんじゃそら」な、あまり関係ない話なのですが
この「それからの菊花ちゃん」、愛本は初めてフルデジタルに挑戦しました。

「だいすき!!」までは、紙にペンで描いてトーンで仕上げるという
昔ながらのアナログで原稿を描いていたのですが、「ひまわり!!」からは
愛本が紙に描いた絵をスキャナーでパソコンに取り込み、
アシスタントさんにデジタルで背景と仕上げをお願いするという
半デジで作成していたのです。

デジタルのいいところはなんといっても原稿をデータで送れることでして
愛本のような地方住まいの作家にとっては、徹夜で原稿上げたあと始発で空港に
原稿を持って行かなくていいですし(いやもっと早く上げればいいことなんだが)
送ったあとミスに気づいても修正してすぐ送れるというのもありがたいです。


しかし半デジですと、パソコンで枠線や背景を描いてもらうので
紙には愛本が人物だけを描くのですが、その結果…


4.jpg


おわかりいただけるだろうか。

一コマ目なんて(コマ無いけど)ひまわりが空気椅子してますが、
これは支援センターの事務所の背景が後で入るんですね。
こういう、枠線も背景もないトーンも貼ってない、不思議な原稿が
どんどん溜まっていくわけですよ。

仕上げまでアナログなら生原稿としての存在感もあるんですけど
この中途半端な原稿、仮に原画展をやるったってなんだか「はあ?」って感じですし
でも必死で描いたことには変わりなく、捨てるに捨てられず。


で、次回作からはフルデジにしてみようかなと、「ひまわり!!」が終わる数カ月前に
液晶タブレットというものを買って、密かに絵を描く練習をしておったのです。
紙と違ってつるつる滑って慣れるのに少々時間がかかりましたが
なんとかこれなら紙と遜色ない絵が描けそう?かも?で、
今回初チャレンジしてみたのですよ!

ペーパーレスですよ!!
すごいな文明の利器は!!!

なんかちょっとまだ使い勝手がよくわかってないので(ええええええ)
試行錯誤しながらなんですけどなんとかなった気がします。

と言うかあれですよね。
漫画家生活も28年半になって新しいことに挑戦できるというのは楽しいですよね。
まさかこんなふうに漫画を描く時代が来るなんてデビュー当時は思いもしなかったですし。

点描やらカケアミやらトーン削りやらアナログで培った技術を思うと複雑ですけども!!

新連載はフルデジでなんとか頑張っていこうかと思います。
早く液タブとクリスタ(漫画描くソフト)と仲良くなれますように。


あ、それと
エキレビ!さんでインタビューを掲載していただいてます。
掲載期間がいつまでかわからないのでそのうち消えるのかもですが…。
「だいすき!!」「ひまわり!!」についてとりとめなく語っております。
よろしければお暇な時にでもぜひ!

前編 http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160801/E1469982522584.html

後編 http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160802/E1470075908478.html

| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2016-07-28 (Thu)
11.jpg


梅雨も開けて本格的な夏がやってまいりました。
高校野球の地方予選の結果に胸躍る日々です。


お知らせが遅くなりました!
今月13日に「ひまわり!!」の最終巻が発売になりました!

11巻に収まっているお話は、自分で描いていても力がこもるといいますか
描きながら「そう、そうなんだよな」と噛みしめるようなといいますか
そんなお話ばかりです。

正直言いますと「ひまわり!!」は途中からもう「お話を作る」という作業ではなく
この人達が何を考えてどう行動するのか、キャラクターたちの心の中を
ただただ覗き込んで答えを探すという作業でした。

なので描いてる途中で予定してたストーリーから変わったり
「この人はこんなことを考えていたんだなあ」と私が気付かされることもあったり
「だいすき!!」の時とはまた違う苦しさと楽しさの連続でした。

これで最後なので、心残りはないか、描き忘れたことはないか
最終回まで落ち着きませんでしたが、描きたいことは全部描けたと思います。


発売されてから、嬉しいご感想などもたくさんいただきました。
皆さんひまわりと、特に陽人の幸せを喜んでくださってて
途中で本気で悩んだけど、この結末になってよかったと胸をなでおろしました(笑)。

11年も描いてきたので、いざ自分の生活からひまわりたちがいなくなってしまうと
どれくらい寂しいのか想像もつかなかったんですが
連載が終わってからバタバタしていて寂しさを感じるヒマもなく…

しかもですね。
本来なら新連載を始めねばならなかったところ
諸事情のため(平たく言えば何もかもが間に合わなかった…)
「ひまわり!!」のスピンオフを描くという機会に恵まれました。
(えー…ご迷惑をお掛けした皆様には大変申し訳なく…)


8月1日発売のBELOVE16号に
菊花ちゃん主人公の番外編
「それからの菊花ちゃん」が掲載されます!



菊花ちゃんというキャラは単にひまわりを批判する憎まれ役で出したのではなく
ひまわりと表裏一体の、もう一人の主人公でもあります。
ひまわりと境遇は似ている、けれど全然生い立ちは違う。
もしかしたら、ほんの少し何かが違えば、ひまわりも菊花ちゃんと
同じ境遇だったかもしれない。
それはほんとにタイミングだったり人との出会いだったり、紙一重の積み重ねだと思うのです。
だとしたら菊花ちゃんのような人こそ幸せになれなければ
この作品の意味は無いのではないか。

今だから言ってしまうと、菊花ちゃんを登場させた時怖かったんですよね。
菊花ちゃんの描き方を間違ってしまうと「ひまわり!!」で描いてきたことが
全部台無しになってしまうなと思ったんです。

本編の中でも、菊花ちゃんの人生がそれとなく明るい方向へ向かったとこまで
描けたのですが、今回思いがけず続きを描けることになりました。


ところがこれが。
先程も言いましたようにここしばらく「お話を作る」作業から遠ざかっていたため
読み切りの短いページでストーリーを作るという基本的なことが!
できなくなっておりまして!

可愛いラブストーリーを32ページで描く。
起承転結!的な!?
なんか懐かしいぞ別フレのデビュー当時のような気分!!

担当さんに「できないーお話作れないー」と弱音吐きまくりながら
なんとかかんとか描き上げました。

ちらっと
ひまわりと陽人も登場します。

でもこのスピンオフがなんとなく、思いがけずまたひまわりたちに
さよならする前にもう一回会えた感じがして、なんだかすっきりしたんですよね。

連載終わった直後はほんとに何もする気が起きなくて
これが燃え尽き症候群なのかしらーなんて思っていたのですが
いい感じのリハビリになった気がします。

そんなわけで、ひまわりたちに会える最後のチャンス(笑)
菊花ちゃんの行く末も見ていただければ嬉しく思います。



| お仕事NEWS | COM(4) | | TB(0) | |
2016-07-02 (Sat)
ジメジメした日が続きますねえ。

ここ数年、何か臭うな?と思っていた仕事部屋のエアコン。
先月掃除してもらったので今年は快適〜と思っていたのですがやっぱり臭う…。
どうも部屋が臭ってるようですよ…
北側の部屋で日当たりが悪いので、壁紙と絨毯の下にカビでも生えてるようで
もはや気持ちはリフォームに走っております。
そんな時間あるのかー?


さて、愛本の6月はいきなり衝撃の展開で始まりました。

6年ほど前にレーシックを受けたのですが、最近視力が落ちてきたので
ちょっと検査してもらおうかなーと気楽な気持ちで眼科に行きまして。
そしたらそこでいきなり「網膜に穴が開いてる」と言われ
その場で緊急手術。
網膜剥離になりかけてると。

網膜剥離なんてボクサーがなる病気じゃないの!?くらいの知識ですよ。
自覚症状も全く無かったのでびっくりでしたが
手術ってのが特に頭を固定することもなく椅子に座って
目にレーザーを当てるという「え、これ頭動かしたらどうなるの?(震)」くらいの
カジュアルな感じで更にびっくり。

こないだ術後の検査に行ったら経過は良好だそうで。
ほんとにたまたまこのタイミングで眼科に行ったから見つかったものの
そうでなければ放ったらかしで網膜剥離になっていたのかもと思うと
早めに見つかってラッキーだったなあと胸をなでおろしました。


10日からは取材と所用のため東京6days.
朝から夕方まで二日間の取材ではとても参考になるお話も聞かせていただきました。
取材を重ねるとその分プレッシャーも大きくなるという久々の体験もしておりますが
なんとか活かしていければと思います。

今回の上京ではいろんな方に「ひまわり!!」連載終了をねぎらっていただいて
ほんとに有りがたかったです。
たくさんの方にご心配をお掛けしたり助けていただいていたんだなあと
改めて感謝。ほんとにありがとうございます!

こちらのケーキは友人たちが飲み会で用意してくれたもの。
友人の後藤法子さんが脚本を書かれた「家族ノカタチ」も
「ひまわり!!」と同じ3月に終わったので、みんなが一緒に
打ち上げしてくれたのです。

cake.jpg

美味しかった!
みんなありがとう!!


さて、6月14日は愛犬コタローの二歳の誕生日でした。
その日はまだ愛本は東京にいたので、大阪に帰ってから2日遅れのお祝い。
奮発してバースデイケーキをご用意いたしましたよ!

kotacake.jpg

コタローにはちょっと大きかったので全部は食べられなかったのですが
(しかも人間が食べるには味がなさすぎた)まあ、飼い主の自己満足(笑)。

これからも健やかに過ごしておくれ、コタローよ。


その後は友人るうちゃんと久しぶりに会うことになり、
万博公園に行ってEXPO’70のパビリオンやニフレルに行きました。

1970年の大阪万博、愛本も両親に連れてってもらいました。
まだ小さかったのであまり覚えてないのですが、パビリオンでいろんな展示を見て
「あ、この迷子札、胸につけてもらったな」とか
「天井一面がスクリーンになってて汽車が走る映像を観たなあ」とか
いろいろ思い出して懐かしかったです。

tou.jpg


そして年に一度の野球ビジター遠征旅行。
今年は広島で三連戦を観戦に!

しかしこの時、広島は連日大雨に見舞われており
三連戦のうち一試合見れたらいい方では…と覚悟して行ったのですが
結果的には三連戦、三試合とも開催されました!

そして三連敗!!!

あほかーーーーーーい!!!!!

zoomst.jpg

この時の広島カープ、連勝中で絶好調でしてね…
まあ、こんな時もありますよ…
こんな時ばっかりな気もしないでもないですけど…
頑張れ阪神タイガース!!


さて、ただ今久しぶりにお仕事の絵を描いております。
今月は「ひまわり!!」の最終巻も発売されますし
お仕事の告知もできるのではと思います。

長くなってしまいましたが、今日はこの辺で!


| 日々の雑談 | COM(6) | | TB(0) | |
2016-05-30 (Mon)
春すっ飛ばして夏か!ってくらい暑いですな。

先日、買ってから5年ほどほったらかしだったエアコンの掃除をしてもらいました。
仕事場のエアコン、暖房の時は大丈夫なんですけど冷房の時変な匂いがしてたんですよね。
これで今年の夏は快適なはず〜。


さて、ほんとは新連載の準備が順調に進んでなければならないのですが
やることがたくさんあってなかなか集中できなかった5月…。

4月末、休みの間に自分の体のメンテナンスもと思い
生まれて初めて人間ドックに行ってみました。
どうせだから全部調べてもらおうと、オプションに
乳がん、子宮がん検診と脳ドックもつけて。
私よく頭をぶつけるのでね、気になってたんですよね。

友人おすすめの、とても雰囲気のいい病院で
最初は緊張してたんですけど、脳ドックでMRIを見た瞬間
「ドラマみたいだ!」と口走ってしまい先生に微笑まれました。

引っかかるだろうなと思っていたメタボもセーフでしたし
最後に診察してくださったお年を召したお医者さんが、ゆっくりと

「あなたが 健康でないなどとは 私は これっぽちも 思いません」

とおっしゃって、ちょっと吹き出しそうに…
まあホッと一安心。

でも数年前から気になっていたちょっとした不調があり
検査の数値でも出ていたので、そんなに心配はないだろうけどと
専門の病院に紹介状を書いてくださったので
今はそちらの病院に通ってます。

そちらでもとても丁寧に診ていただいて
今のところ異常はないようです。
スッキリ治ってくれればいいなあと思うんですけど
原因が分からなかったら治しようもないですしねえ。

なんかもう最終的にはすべて更年期でおさまりそうなゲホゴホ


仕事の方は7月に発売される「ひまわり!!」の最終巻
11巻の原稿の手直しをしておりました。

なんだかんだと修正が多くて、最後だから後悔ないようにと
じっくりやってるとあっちもこっちも気になってしまい…

最終巻ということで、あとがきも描かせていただきました。
これでほんとにひまわりたちとお別れです。
皆さんに楽しんでいただけますように。


で、「ひまわり!!」の原稿がこれですべて終わったので
キリの良い所で今まで使っていたパソコンを買い換えることに。
私のMacちゃんは5年、アシさんたちのMacはもう7年使っているので
そろそろヤバイのです。
「ひまわり!!」の原稿もたまに1ページまるごと消えたりしてましたしね!

アシさん用の2台を初期化して処分の準備。
そしたらアシさんの机周りもついでに大掃除するかとなり
掃除を始めた勢いで押し入れの整理も始めてしまい
そんなことしながら新しいMacも物色し
スペックに悩んでいまだ買う決心がつかず…

とりあえず、自分のを先に決めてしまわなければ。


そんなこんなの5月。

下の写真は横浜からお友達の吉野万理子さんが遊びに来たので
一緒に行ってきたニフレル

初めて行ったのですが楽しかったー。


wtora.jpg

ホワイトタイガーとか

wani.jpg

ワニとか

daioug.jpg

ダイオウグソクムシとも会えますよ。


| 日々の雑談 | COM(2) | | TB(0) | |
2016-05-02 (Mon)
zouheikyoku.jpg


皆様いかがお過ごしでしょうか。
愛本はそれなりに休みを満喫しております。


こないだのブログで書いた桜満開の狭山池に行った数日後には
毎年行く近所の公園に桜の花を見に行き
その数日後には造幣局の通り抜けに行ってまいりました。
(上の写真です)

桜の時期はいつも〆切間際で、合間を縫ってバタバタと桜だけ見て帰ったり
それすら諦めた年もあったりで、毎年気持ちだけが焦るのですが
11年の習性とは恐ろしいもので、今月から〆切がないというのに
桜の時期が近づくにつれ落ち着きがなくなり
何か精神的に追いつめられたような気持ちになるという
理不尽な体験をしました。

ほんとに怖いわ、〆切。

造幣局の通り抜けはまともに〆切にかぶっていたので
ほんとに久しぶり、10年以上ぶりで行ってきましたが
ちょうど満開の時に行けたのでとても綺麗でした〜。
今年は桜を堪能できてよかった!


その後ちょっと上京して、次回作のための取材をさせていただきました。
初めて講談社の26階にある応接室を使わせていただいたのですが
いや〜スカイツリーが遠くに見えてとても絶景でした。

次回作のことを考えだすとまた仕事モードで不安になってくるので
おやすみ気分が吹っ飛びますが…
たくさん興味深いお話を聞かせていただきました。
ありがとうございました!

これについてはまたはっきり決まったらお知らせしますね!


んで、甲子園に野球観に行って
気持よく六甲おろし歌ったり

東京からはやかわともこ先生が遊びに来て
「せっかく大阪来たんだから551蓬莱の豚まん食べたいの!」
というはやかわさんを連れて北海道展に行って寿司食べたり(なぜ)

その二日後に今度は中村珍先生が「連載終了のお祝いに」と
大量のおみやげとともに遊びに来てくれてお好み焼き食べたり
一緒にツツジが咲き始めた公園にコタローつれて散歩に行ったり

久しぶりに会う友人と、ゆっくりたくさんおしゃべり出来て
のんびりと楽しく過ごしました。
おふたりとも、遠いところありがとう!!

tutuji.jpg

ツツジは満開までにはもうちょっとな感じでした。


んでその翌日には
TONO先生、海野つなみ先生、樋口橘先生と
比叡山〜京都大原に一泊旅行へ。

初日は比叡山のガーデンミュージアム比叡へ。
山の上なのでまだ桜も咲いてて、他のお花もとても綺麗でした。
私は琵琶湖を生で見たことがなかったのですが、
このミュージアムからの琵琶湖の眺めは絶景でした。
(でも曇ってたので写真がいまいちだった…)

この夜に宿でいただいた味噌鍋がね、大変美味しくてですね。
最後に残った鶏肉や野菜の出汁がしみでた味噌を
ご飯にかけて食べたのが一番美味しかったです!(えええええ

二日目は大原で寂光院や三千院などお寺をブラブラと散策。

この日は気温が27度!
いい天気通り越して「夏やろ!」な勢いでしたが
新緑がとても綺麗でマイナスイオン浴びたおし。

kyouto.jpg

美しいお庭を眺めながらお抹茶をいただいたり
水琴窟の綺麗な音色を聞いたり
新緑の中をのんびりお散歩して
とてもリフレッシュできました。

お休みだからー!と調子に乗って予定を目一杯詰め込んだので
4月はバタバタでしたが、5月は単行本作業もあるので
落ち着いて仕事モードに徐々に戻していかねばです…。

kyouto2.jpg


なんだろうこれパワースポット的な?


| 日々の雑談 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-04-03 (Sun)
belove8.jpg

ついにこの日が!!と、いうわけで
「ひまわり!!」最終回の掲載されておりますBELOVE8号
4月1日より発売中でございます!

単行本派の方には表紙で壮大なネタバレになってしまってすみません。
でも結婚式の絵を最後に表紙で描かせてもらえるなんて、ほんとにこの二人は幸せものです。

最終回を読んでくださった読者の皆さんからたくさん感想いただきまして
皆さんがほんとにこの二人のことを喜んでくださってるのが伝わってきました。
中には自分の娘を見守るように応援してましたと言ってくださる方もいて。
ありがたい限りです。


11年前に「だいすき!!」が始まる、その一年前から取材を始めて
最初の頃、「この漫画、ちゃんと描いていけるだろうか」と不安しかありませんでした。
一年を過ぎた頃からだんだん自分の中でしっくりくるようになってきて
途中、ドラマ化をしていただくという私にとっては天地がひっくり返るような出来事もあり
そのおかげでたくさんの方に読んでいただけて。
描き始めた頃の不安な気持ちからは想像もできないしあわせな作品になりました。


「だいすき!!」は柚子の物語だったので
柚子がしあわせになったところで終わったわけですが
ひまわりのその後はどうなるのだろうと、はじめは読みきりでいいから
ひまわりのその後を描かせてもらえないかな?と思い…
せっかくなので連載でと言っていただき
じゃあ一年くらいでと描き始め…

終わってみれば丸4年。

ひまわりがしあわせになるまでと決めて描き始めた物語でしたが
最後どうなるかとか何も決めずに描き進めました。
ほんとに、去年の今頃は「この漫画、どうなるんだろう?」と
本気で思っていたのですよ。ええ。


私としても、一人の女性をオギャーと生まれたところから描くのは
初めてのことで、まさかこんなに長く描かせてもらえるとは思っていなかったので
ほんとに自分の娘のような気持ちで見守って来たわけですが

とうとうお別れの日が来てしまいました。

彼女の人生はまだまだ続いていくので、私が描かないだけで
どこかで頑張っていくんだろうと思います。
それに負けないように私も頑張っていかなければ。


余談ですが。

陽人という名前は太陽の陽からつけています。
なので「ひまわり」と「陽人」は対になっているわけですね。
将来二人を結婚させようなんて、この名前をつけた時は全く考えていなかったのに。
なんで対にしようと思ったのか、自分でも不思議です。


長い間応援してくださった皆様
本当に、本当にありがとうございました!

単行本の最終巻は7月発売の予定です。
10巻の巻末で6月とお知らせしておりますが7月になりました。
お待たせいたしますが、楽しみにお待ちくださいませ。

また最終巻が発売されましたら、いろいろ思い出話なども
ここに書いてみようかと思います。


さて話は変わって。

先日ネットのニュースを観ていたら
日本最古のため池、狭山池に巨大ラバーダックがやってくると。

狭山池はうちからそんなに遠くないので、昨日節子さんとコタローを連れて
友人親子と一緒に行ってきました。

sayama1.jpg

どーん。


sayama2.jpg

どどーん。

でかい。

なんですか、この子世界中を回っているそうですね?

桜も満開の晴れた土曜日。
お花見の人もたくさんで、とても賑やかでした。

来週は晴れたら毎年行く桜の名所の公園に行ってみようかと思います。

春はいいですな。


sayama3.jpg
| お仕事NEWS | COM(6) | | TB(0) | |
2016-03-25 (Fri)
お知らせ以外のブログ更新は久しぶりですかね。

先週、最終回の原稿を描き終えました。

一番寂しかったのはプロットを書き終えた時で
プロットの最後に、いつもなら書かない「おわり。」という文字を書いた時
「あー、終わるんだなあ」と。

原稿に入ってからは時間と体力の限界に挑戦だったので
あまり感傷にひたる暇もなかったのですが
最後は思い残す事のないように、一人でじっくり見なおしたり。

見なおしたはずなのに、後からあれでよかったか悩んでしまったりして
なかなか未練がましいです。

まだ終わった実感もわかず、もうじきまた
次のプロットが出来なくて走って逃げたくなるんじゃないかと
思ったりしています。


とりあえず、終わったら一週間は何も考えずに寝倒そうと思っていたんですが
あっという間に一週間たってしまいました。

休みに入ったらあれもしようこれもしようといろいろ考えていたのに
まだ仕事部屋の掃除すら手付かず。
もしかしたら、修羅場でとっちらかった仕事部屋を片付けたら
ほんとに終わっちゃう感じがしてさびしいのかな?という気もしつつ…
ただ面倒くさいだけかも。


なにはともあれ「だいすき!!」の途中からほったらかしの
押入れとクローゼットの中を整理しなければ…。


そんな最終話が掲載されたBELOVE8号は
4月1日発売です。

表紙を描かせていただいたのですが
その表紙で盛大なネタバレをしております!

あと、担当さんが苦労してまとめてくださったであろう
最終回特集記事も掲載されますので、今まで応援してくださった
読者の方には懐かしく楽しんでいただけるのではないかなと思います。
ぜひお手にとってくださいませ。


さて、とりあえず発売までに生活のリズムを建てなおさねば。

最終回、楽しんでいただけますように!           


| 日々の雑談 | COM(6) | | TB(0) | |
2016-03-03 (Thu)
belove6.jpg


一昨日、3月1日に発売されましたBELOVE6号に
「ひまわり!!」45話が掲載されております。

次の46話で最終回を迎えます「ひまわり!!」

ドラマとか観てても、最終回より最終回の一話前のほうが盛り上がって
面白かったりするじゃないですか。

描く側にとっても、最終回より難しい気がするんですよね。
描き忘れたことはないだろうかとか、後悔はないだろうかとか
もしこの原稿落としたら最終回の掲載って一体どうなっちゃうんだろうとか
いろんなことを考えてるうちに、胃を壊して1キロ痩せました。

1月のSMAPさんショックで1キロ痩せたので、合計2キロのダイエットに
成功しております。

んで、ただいま最終回に向けていろいろ細かい準備もしておりまして
だんだん「終わっちゃうんだなあ」という実感がじわじわ湧いてきました。

一昨日の早朝に最終回のトビラ絵を完成させました。
ありがたいことに、最終回でカラーをいただいたのですが
最後となるとなかなか、どんな絵にするか決まりませんで。

一筆ずつ塗りながら(デジタルだけど)いろんな思いがよぎったりして
ちょっと泣きそうな気分になりました。

まだ中身出来てないのに!

ラスト二回、楽しんでいただけますように。


それはそれとして。
「だいすき!!」を描き始めてから11年。
「ひまわり!!」を始める前に二ヶ月のお休みがあったとはいえ
二ヶ月なんて取材と連載準備で潰れちゃいましたし
愛本にとってはひっさしぶりに「〆切のない日々」がやってくるのでございます。

春の選抜高校野球も仕事を気にせず観に行けますし
お花見も「プロットできないー!」とか気にせず行けますし
いつも〆切と被ってた造幣局の通り抜けにも行ってみたいなあとか
慰労も兼ねて節子さんと温泉旅行でも行こうかなあとか
いろいろ、楽しいことも待っている春。

終わることを考えるとホントにさびしいのですが
春は別れと旅立ちの季節。
春に最終回を迎えられてよかったのかもしれません。



| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |