123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006-02-05 (Sun)
節分の夜、南南東向いて太巻き一気食いしました愛本です。
こんな事するのは関西だけだと先日東京で知って
軽くショックを受けました。

「これで一年幸せに過ごせる!」

と信じて子供の時から黙々と太巻きを食い続けた
関西人の立場は?


そんなわけで、前回の続き。

はるばる来たぜいわき市。
愛本、福島どころか東北は初めて。

すっごい寒くて雪なんかも積もってるのかな!?と、
いつもより一枚多く着込んでいったのですが
全然雪なんかどっこにもなく、風は冷たかったですけど

女子高生はミニスカートだったし

ちょっと拍子抜けです。

その夜は、単行本「だいすき!!」2巻の巻末でもお世話になりました
障害者総合生活支援センターふくいんで子育て支援をなさっている
スタッフの方々とお食事をさせていただいたのですが

やっぱアレですよ。
せっかく福島に初めて来たのですから
ご当地の名産みたいなものをいただきたいじゃないですか、ねえ。

ずっと、ホテルにチェックインしたときから土産物コーナーの中に
気になる言葉を見つけていたのですよ。

「めひかり」

そりゃあもう、「めひかりパイ」だの「めひかりまんじゅう」だの
いろいろ並んでいたわけですよ。

そのお店では唐揚げと天ぷらでメニューに並んでいましてね。

「めひかりってなんですか!?」と聞きましたら、
子持ちししゃもくらいの大きさの白身のお魚だそうで
淡泊でおいしいのですって。早速注文しましたがな。

「ホントは焼きがおいしいんですけどね~」と
スタッフの方はおっしゃってたのですが、唐揚げと天ぷらも
とってもおいしかったです。
ホントに淡泊で、揚げ物なのにあっさりしてましてね。

アンコウも有名だそうで、アンキモもいただいちゃいました~
日本酒もおいしかったです~~。

……はっ。




取材に来たんだったわ。




んで、翌日は朝から取材で、実際に柚子のように障害を持ちながら
子育てされてるご家庭へお邪魔させて頂いておしゃべりしたり、
保育園にお迎えについて行ったりと、
楽しくも順調に進んでいたのですが、
次のご家庭へ……と、そのアパートにたどり着いたときに
ハプニングは起こったのです。

スタッフの方と担当さんが先に歩いていくのを、
後からぼーっとついて行く愛本。

その時


ごっ……


と、鈍い音とともに、一瞬目の前が真っ暗になり、
気が付いたら地面に倒れ込んでいました。
何が起こったのかすぐには分からず、ただ頭に走る激痛。

「え、愛本さんどうしたんですか?」
頭上から聞こえる担当さんの呑気な声。

ふと見上げると、そのアパートの二階へ昇る階段の踊り場が
ちょうど頭の高さにあり、スタッフの方は慣れているので
それをくぐり、担当さんはそれを見て同様にくぐり抜け

ぼーっとうつむいて歩いてた愛本だけがそれに気づかず
頭を強打したのでした。

な、なんて危険なアパートなの……
耐震偽装よりたちが悪いんじゃ……

激痛の中でいろんな事を考える愛本。

スタッフの方と担当さんは愛本の頭をのぞき込みながら
「ああ~見る見る腫れていきますね」

ええええ!?
たんこぶ!!??
この年で!!????

別に出血もしていないようだし、たいしたことはないだろう、と
その後も取材を続け、夕方おみやげまでいただいて福島を
後にしました。

本当に良い取材が出来たと喜んでおります。
ふくいんの皆様、本当に有り難うございました!!


帰りのスーパーひとしくんひたち号の中ではだいぶ
腫れもひいていたのですが、この日はこの後、修羅場中の
別フレのはやかわ先生のお宅に行って
夕食にお好み焼きを作る事になっていました。

上野駅で冷えピタを買う私。

はやかわ邸で、パーティーの後も居ついていた桜井まちこと
吉井ユウに爆笑されるネタになりました。

後はお好み焼き焼いて、ちょろっと原稿手伝って
翌日の大阪国際女子マラソン見せてもらって
帰ってきたんですけどね。

まあ、小さいかさぶたは出来てましたけど。
大阪人としては爆笑取れるネタが一つ増えて
おいしいっちゃおいしいですけど。


いい年してたんこぶって……(へこみ中)。
| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |