12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-07-28 (Thu)
11.jpg


梅雨も開けて本格的な夏がやってまいりました。
高校野球の地方予選の結果に胸躍る日々です。


お知らせが遅くなりました!
今月13日に「ひまわり!!」の最終巻が発売になりました!

11巻に収まっているお話は、自分で描いていても力がこもるといいますか
描きながら「そう、そうなんだよな」と噛みしめるようなといいますか
そんなお話ばかりです。

正直言いますと「ひまわり!!」は途中からもう「お話を作る」という作業ではなく
この人達が何を考えてどう行動するのか、キャラクターたちの心の中を
ただただ覗き込んで答えを探すという作業でした。

なので描いてる途中で予定してたストーリーから変わったり
「この人はこんなことを考えていたんだなあ」と私が気付かされることもあったり
「だいすき!!」の時とはまた違う苦しさと楽しさの連続でした。

これで最後なので、心残りはないか、描き忘れたことはないか
最終回まで落ち着きませんでしたが、描きたいことは全部描けたと思います。


発売されてから、嬉しいご感想などもたくさんいただきました。
皆さんひまわりと、特に陽人の幸せを喜んでくださってて
途中で本気で悩んだけど、この結末になってよかったと胸をなでおろしました(笑)。

11年も描いてきたので、いざ自分の生活からひまわりたちがいなくなってしまうと
どれくらい寂しいのか想像もつかなかったんですが
連載が終わってからバタバタしていて寂しさを感じるヒマもなく…

しかもですね。
本来なら新連載を始めねばならなかったところ
諸事情のため(平たく言えば何もかもが間に合わなかった…)
「ひまわり!!」のスピンオフを描くという機会に恵まれました。
(えー…ご迷惑をお掛けした皆様には大変申し訳なく…)


8月1日発売のBELOVE16号に
菊花ちゃん主人公の番外編
「それからの菊花ちゃん」が掲載されます!



菊花ちゃんというキャラは単にひまわりを批判する憎まれ役で出したのではなく
ひまわりと表裏一体の、もう一人の主人公でもあります。
ひまわりと境遇は似ている、けれど全然生い立ちは違う。
もしかしたら、ほんの少し何かが違えば、ひまわりも菊花ちゃんと
同じ境遇だったかもしれない。
それはほんとにタイミングだったり人との出会いだったり、紙一重の積み重ねだと思うのです。
だとしたら菊花ちゃんのような人こそ幸せになれなければ
この作品の意味は無いのではないか。

今だから言ってしまうと、菊花ちゃんを登場させた時怖かったんですよね。
菊花ちゃんの描き方を間違ってしまうと「ひまわり!!」で描いてきたことが
全部台無しになってしまうなと思ったんです。

本編の中でも、菊花ちゃんの人生がそれとなく明るい方向へ向かったとこまで
描けたのですが、今回思いがけず続きを描けることになりました。


ところがこれが。
先程も言いましたようにここしばらく「お話を作る」作業から遠ざかっていたため
読み切りの短いページでストーリーを作るという基本的なことが!
できなくなっておりまして!

可愛いラブストーリーを32ページで描く。
起承転結!的な!?
なんか懐かしいぞ別フレのデビュー当時のような気分!!

担当さんに「できないーお話作れないー」と弱音吐きまくりながら
なんとかかんとか描き上げました。

ちらっと
ひまわりと陽人も登場します。

でもこのスピンオフがなんとなく、思いがけずまたひまわりたちに
さよならする前にもう一回会えた感じがして、なんだかすっきりしたんですよね。

連載終わった直後はほんとに何もする気が起きなくて
これが燃え尽き症候群なのかしらーなんて思っていたのですが
いい感じのリハビリになった気がします。

そんなわけで、ひまわりたちに会える最後のチャンス(笑)
菊花ちゃんの行く末も見ていただければ嬉しく思います。



| お仕事NEWS | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する