123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-03-23 (Wed)
このたびの東北関東大震災で被災された皆様に
謹んでお見舞いを申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りします。


ものっすごいお久しぶりすぎてすみません…。
やっと気持ちが落ち着いて来たので、つらつら書いてみようと思います。


あの日、大阪はそんなに酷くは揺れなかったので、
テレビをつけて飛び込んでくる光景に唖然とし
大阪人なので阪神大震災を思い出して怖くなり。
でもまさか、こんなにまで被害が大きくなるとは…。

まっさきに思い浮かんだのは、
「だいすき!!」の取材で大変お世話になっている
福島県いわき市の知的障害者支援センターの事でした。
このセンターの支援スタッフの方々や、利用者さん方には
「だいすき!!」を描く上でとても大事な取材をさせていただきました。

テレビからはいわき市の悲惨な映像が流れていましたが
皆さんの無事を確認出来るすべもありませんでした。


日本中がそうだったと思いますが、毎日伝えられる被害の状況に
仕事に集中出来るような状態ではなく
私も〆切前だと言うのに丸二日は何も手につきませんでした。


でも地震当日地下鉄に閉じ込められて
家まで8時間歩いて帰った担当さんから
被災された漫画家さんの安否や、電車も動いてない中を出社して
節電のために薄暗い編集部で仕事されてる様子や
「全号発売日通り、出すつもりでやります」と言う言葉を聞くと
大阪で何の被害も無い私が仕事出来ないなんて甘えた事を
言ってる場合じゃないなと思い直しました。

そして、返事を送れるような状態ではないだろうと思いつつ
一言だけ「ご無事ですか?」といわき市の支援スタッフの人の携帯に
メールを送っていたのですが

「みんな無事です!スタッフは不眠不休ですががんばってます!」

と返事が来て、それを見た時は体中の力が抜けてへたりこみました。


ネットではいろんな情報が飛び交っていました。
被災者でもないのにただ不安や怒りを垂れ流すだけの人
ガセ情報を流す人
被災地に向けて役に立つ情報を冷静に流す人

「大阪から関東に電気を送るから大阪も節電してください!」との
情報を目にして、これは協力しなければと
寒いのにアシスタントさんにも了解を得て暖房切って仕事してたら
「あれはデマです。関西は普通の節電でかまいません」とか…

なんなの?
アシさんたちが風邪引いたらどうしてくれんの?
足にカイロ貼って耐え忍んでくれたアシさんに謝れ。
いいけど、節電は大事な事だから。
もっと悪質なデマも多かったですしね。

なんだかんだ原稿も無事に上がって編集部にも無事に届いた時には
心の底からホッとしました。


ちょうど原稿が上がった日に「県外に避難してます」と
携帯にメールをくれた支援スタッフの人と電話でお話しする事が出来
皆さんの様子を伺うことができました。

支援スタッフの方々は、
自分たちも被災しながら避難している利用者さんのところへ走り回り
夜もホントは家族の元へ行きたいけど、不安がる利用者さんと過ごしたり。
それもガソリンが無くなってもう身動きも取れず、
原発の不安もどんどん広がり…
それでもまだほとんどの人たちはいわきに残って走り回っていると。
この方は小さいお子さんのいる利用者さんを連れて、
一足先に県外に避難されたのでした。


先日、ここの利用者さんたちらしい団体が横浜に避難されたと
ニュースで流れ、皆さんで横浜に行かれたのかと思ったら、
まだスタッフの方は大勢いわきに残っていらっしゃるそうです。


皆さんが心配されてるのは、これをきっかけに
せっかく地域で暮らしていた知的障害の人たちが
入所施設に逆戻りしてしまうのではないかと言う事です。

それを防ぐため、
またみんなでいつかいわきで地域生活を始めるために
これからどうするかを考えていらっしゃるのです。
自分たちも被災しながら。

胸が詰まる思いです。


まだ余震も続いて、原発もまだ予断を許しません。
もうもとの通りには戻らないのかもしれません。

でもいつか、
その頃にはもう「だいすき!!」の連載も終わっているでしょうが
またいわきのこの支援センターに遊びにいきたいなと思うのです。

メヒカリの唐揚げでおいしいお酒をいただきながら
あの東北の柔らかい言葉のみなさんと
楽しくおしゃべりしたなと思います。


一日も早くそんな日が来ますように。
私も自分の出来ることをやっていこうと思います。




| 日々の雑談 | COM(-) | TB(-) |