123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006-07-29 (Sat)
一日目はだいたい寝て終わってしまう。

二日目からやっと掃除をしたり、アシさんの布団を干したりシーツを洗ったり、
トーンの整理をしたりで、部屋が綺麗になると気分もリフレッシュ。
次の〆切に向けてれっつごー。
今回はちと日程がきついのだが、
その後久しぶりの旅行が待っているので頑張ります!!


どうやらアシスタントさんが一人、秋にお辞めになる様子。
一年ちょっと来てもらってて、最近ではだいぶ仕事にも慣れて
戦力になっていたので、いなくなるのは辛いのですが、
就職が決まるかも知れないというので、いたしかたありません。


自分もアシスタント経験があるので、当時の自分を思い出してみるに、
アシスタントというお仕事は気力との戦いかと思います。

仕事として「アシスタント」で食っていく!と言う覚悟のある人は別ですが、
プロを目指す人の修行と考えれば、いつかデビューするぞと頑張れるのは
はじめのうちだけで、後は「デビュー出来なかったらどうしよう」という不安と、
自分の年齢との戦いです。


漫画家だって不安定な仕事なのに、アシスタントなんてもっと不安定。
定職にも就かず収入も微々たるもので、気がついたら友達は子供まで産んでるのに
何やってんだろってやさぐれる日もあるわけですよ……。


特に私のアシスタント時代はバフルの絶頂期で、
短大や大学を出た友人たちはびっくりするほど給料やボーナスをもらっていてですね、
たまに会うと「何かおいしいもの食べに連れてってあげようか」って、なんかもう、
顔に貧乏って書いてあったのかしら?
それはそれですごい楽でしたけど。


私はずるずるやっていくのがイヤだったので、
「23歳までにデビュー出来なかったらすっぱりあきらめて就職しよう」
と決めていました。
結局ぎりぎり、23歳になる一ヶ月前にデビューが決まって今に至るわけですが。

アシスタントをやめる彼女も、漫画家になる夢をあきらめての今回の就職です。
いろいろ悩んでいる様子も仕事中にかいま見えましたが、
新しくチャレンジするお仕事も、やりたいと思っていたお仕事のようです。
とても努力家で頑張りやさんな彼女なので、どんな仕事でもやりがいを持って
やっていくのではないかと思います。


……で、またアシスタントさんを探さねばならないわけだが。
| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |