12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2005-07-03 (Sun)
終わった……原稿が終わりましたよ。

先日の日記にも書きましたが、ここ二回ほど
アシスタントさんが帰った後も仕上がらなかった原稿を抱えて
次のお話に取りかかるという、なんだかすっきりしないことが
続いておりまして。

今回は絶対アシさんたちがいる間に完成させるぞ!!と
意気込んでいたのですが、下絵が思ったように進まず
結局アシさんが一人、一泊延長してくれて頑張ってくれたのですが
その段階で仕上げが半分ちょっと残ってしまいました。

まだ早め進行しているので本当の〆切には間に合うとはいうものの
次回の仕事のことを考えるとこれ以上は先延ばしに出来ないわ。


……と、溺れる者藁をも掴むの勢いで、日記にも時々登場します
友人のうにじゅんに「トーン貼りに来て」とメールを。

うにじゅんはとても器用な手先の持ち主で、以前から
「トーン貼りって楽しそうやなあ」と興味を示していたこともあり
機会があればと話していたのですが、まさに、今こそその機会。

仕事が休みの日の前日から泊まり込みでやってきたうにじゅんは、
簡単にトーンの貼り方を教えると、初めこそとまどっていたものの
しばらくすると


「終わった。次は?」


え、もう終わったのか。
しかも初めてにしてはきれいに貼れているじゃないか。
じゃあ、次はこれを……と、結構な量を
まとめて渡したのですが、それもしばらくすると


「終わった。次」


「早っ!!」
驚くおいら。
言葉少なに黙々と仕事をこなしていくうにじゅん。
むしろおいらが話しかけようものなら


「しゃべりながら仕事でけへんねん」


言っておきますが、彼女はアシスタント経験もなければ
むしろ普段から漫画自体読むこともなく
トーンなど初めて触った手先の器用なド素人。

そして彼女は仕事で朝早かったはずなのに
「眠くなったら寝ていいからね」と、
実は自分が眠くてたまらなかった愛本の言葉に

「トーン貼り楽しいから眠くない」


ただ黙々と仕事をこなし続ける職人の姿がここに。


結局、朝まで仕事を続け、少しだけ仮眠をしてご飯を食べた段階で
ふと気がつけば原稿はほとんど出来上がっておりました。

もう一日一人で最後の仕上げをしなければならないだろうと思っていたおいらは
感動の涙にむせびました。

「役に立ったかどうかわからへんからお金はいらんわ」と
男らしく去っていったうにじゅん(女だが)。
今度、何でも好きなものをおごります。
いつものサイゼリアじゃなくていいからね!!


ありがとううにじゅん!!


そんなわけで、今夜は久しぶりにゆっくり寝ます!!
| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |