123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-10-23 (Fri)
毎晩クライマックスシリーズに釘付けです愛本です。
う~ん、楽天頑張ってほしいが……。


先日原稿をあげた後、いつもの野球観戦の相棒チェリーに誘われて
大人計画の「サッちゃんの明日」と言う舞台を観に行きました。
感想は非常に言葉にしにくいので書きませんが(笑)
途中で「サッちゃん……!」と思わず叫びそうになったのは内緒です。

クドカンは痩せた松尾スズキに見えました。
そのクドカンを「かっこいい~~~~」と言うチェリーとは
一生男の取り合いはしないなと思っています。


んで、それ以外は日々雑用に追われているのですが
ここ数年の資料写真が膨大な量になっていて、
もういらない写真も多く、本棚を圧迫しているので
ちょっとずつ整理しています。

その時々の読みきり作品用に撮ったりしたものは
もう使うこともないので、思い切って捨てているのですが
別冊フレンド時代に描いていた看護師さんの漫画のために
取材に走り回って撮ってきた大量の写真はなんだか捨てることが出来ず。

「花ごよみ病院の人々」を描いていたのは1993年ですから
資料の写真も、もう16年も前のもの。
「天使になりたい」の時に撮った写真も1996~2000年の日付が。

医療の現場は進歩が目覚しいですし
使っている機材も今ではまったく変わっていて
資料としてはもう古すぎて使えないだろうと思うのですが
整理しようと眺めていると、色々と思い出して懐かしく
この二作品は特に思い入れも強かったので
なんだか捨てられないのです。

当時お世話になったお医者さんや看護師さん
看護学校の先生、学生さん方が写真に写ってたりして
「お元気かなあ」とか
「この学生さんたち、もう結婚しておかあさんになってるかなあ」とか
見ていると楽しくて整理するのに予想以上に時間がかかってしまいました。

結局、もう使わないだろうけどまとめて置いておくことに。
360枚入るアルバムを買ってきたのに、まったく入りきらなかったので
また買ってこなければ……。

結局、あまり本棚に空きスペースは出来ませんでしたが。

きっと数年後には今描いている「だいすき!!」の
大量の資料写真を「やっぱり捨てられない」とか言って
同じように整理しているんだろうなあ。


| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |