12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-10-10 (Sat)
阪神タイガース今季全日程を終了いたしました。

壮絶な譲り合いの末CS進出を逃し4位確定。
上から落っこちた去年と比べれば、下から這い上がった今年は
面白かったと言えますが、大事なここ一番の試合を落とすのは
まるでデジャブ去年と一緒。

仕事しないといけないんだけど落ち着かないから
今季の総括を。


「初めから名監督なんかいないんじゃー!!」との
私の心の中の掛け声の下、「真弓監督育成期間」と銘打って
始まりました今シーズン。

けが人は多いし選手個々の調子は上がらないしで
生活に支障が出るほど弱かった前半戦。

暗黒時代を過ごした阪神ファンの習性か
日々の負け試合の中からポリアンナ並みの
「良かった探し」をする始末。


「昨日は1点しか取れなかったけど今日は2点取れた」

「今日は3点取れたけど相手がそれ以上取っただけ」

「雨の試合、選手に怪我がなくてよかった」

「今日も能見がかっこ良かった」


悟りを開いたかのように負け試合も微笑みながら見守る愛本。
同じようなファンの方々が日本中にいるのだと心の支えにしながら。


しかし後半戦はそんな応援に答えるかのように調子も上がり
なんだか勝ち越してる~と喜んでおりましたら
頭の上からヤクルトがコロコロ転がってきて
5位を覚悟していた私たちにしばし夢を見せてくれました。

……ヤクルトの自作自演だったんじゃねーのか。
そんなにまでしてセ・リーグを盛り上げようとするか
ヤクルトスワローズ。(ちょっとやさぐれ)


最後の試合後、先発の岩田が涙を落としたと聞くと
こちらももらい泣きをしそうになりますが
よく頑張ったよと言いたい。

今年は終わってしまいましたが、振り返ると収穫も多かったと思います。

長年の課題だった矢野の次の正捕手が育ち始め
(いやもうほんっとに狩野は頑張ったと言いたい)
ここ数年あまりなかった完投できる先発ピッチャーや
若手野手の成長などなど、観ていてワクワクする試合も
多かったです。

監督も選手も、今年の経験がきっと来年につながると
個人的には期待の出来るシーズンでした。

岡田前監督の「そらそうよ」に続く
真弓監督の「そやね」も流行らせたいと思います。(何故)

ただ、一言だけ言いたい。

もうちょっと打ってくれ(涙)。


んでも、まあ。
なんだかんだ言っても明日から野球がないのが一番寂しいの。
また長いシーズンオフがやってくるわ~。

クライマックスシリーズはどこを応援しようかな。
ヤクルトも好きなので頑張って欲しい。

パ・リーグはぜひ楽天に頑張っていただきたい!


どっちにしろ心穏やかに観戦出来ます。
一試合ごとに一喜一憂するのはまた来シーズンまでおあずけです。

監督、コーチ、スタッフ、選手の皆さん
本当にお疲れ様でした!!


でも知ってる?

阪神は過去に4位だった翌年は
必ず優勝してるんだよ。


来年は優勝じゃーーー!!!
| スポーツ雑記 | COM(-) | TB(-) |