123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-03-15 (Sat)
靴底崩壊という現象を
皆さんはご存じでしょうか。

わたくしは知りませんでした。
自分が経験するまでは。

先日、ドラマの打ち上げパーティーで東京へ行ってまいりました。
パーティーと言うことでまさかスニーカーで行くわけにも行かず
普段全く履かない茶色いスウェードのショートブーツを取り出し
予定よりも時間に遅れていたので慌てて駅に向かったのでございます。

駅までは10分弱。

このブーツ、靴底全体が5~7cmと分厚く、
ゴムのような堅いスポンジのような
どっしりとした靴底です。

ずこずこ歩いていると、かかとに妙な感触。
なんか、グニャってしなかった?

足元を見ても靴に変化はなく、何かを踏んだ様子もなし。
この時、靴を脱いで靴底を確認すべきだったのかも知れません。
しかし私は急いでいました。
久しぶりに履く靴だから歩きにくいのだろうと納得して
さらにずこずこ歩く。

間もなく、明らかに足下が不安定になってまいりまして
これはいくらなんでもおかしいと靴を見たらば
靴底が

割れてへしゃげている。


「ええ??」

なんじゃこりゃ!!と見たこともない現象に唖然とするも
もう駅は目の前。

この段階で
「取りあえずこのまま難波まで出てそこで靴を買う」
「時間はもったいないが家に帰って靴を履き替える」
と言う二択を迫られました。

買うと言ってもすぐに気に入った靴が見つからないかも知れないし
東京へ着くのは遅れるけどここは家に帰る方が良いかもしれない、
と決心して、まわりの通行人に悟られないように極力普通に歩いて
道を引き返しました。


しかし本当の地獄はここからだったのです。


涼しい顔して歩く私の靴はその後も崩壊をやめず
歩いていてもどんどん靴底が無くなっていくのが分かります。


だって段々軽くなっていくんだもん。


一体どうなってるんだ靴底!!
しかしここで立ち止まって振り返ったり靴を見ては
通行人に何かを悟られてしまう。

って言うかもう何か悟られてるかもしれないけど
気付かないふりしてくれてるのか見ちゃ悪いと思ってるのか

そのうち、つま先部分にしか靴底の感触が無くなり
ダイエットスリッパ状態に。


それでも「こう言う靴ですが、何か?」
くらいの勢いで普通に歩く私。

やっとマンションに着いた!!
遠かった!!(多分5分くらいだったのに)

ここで初めて自分の来た道を振り返ったのですが
私の歩いたあとは大小の黒いゴムの固まりが点々と

まるでそれは
ヘンゼルとグレーテルが森で迷子にならないようにと
歩きながら落としていったパンくずのよう。
(可愛いたとえしてんじゃねーよ)

とにかく早く家に帰って靴を履き替えなければ!!
そそくさとロビーを駆け抜けエレベーターに飛び込む。

当然のようにロビーもエレベーターの中も
私の歩いたあとは真っ黒いゴムのかけらが点々と続きます。

自分の部屋の階に付き、エレベーターを降りた所で
最後に残っていたつま先の靴底が崩壊しました。
大きな固まりがごろっと落ち……

「ちょっと待って、これ履いたまま部屋に戻ったら
どこの住人がゴミまき散らしたか丸わかりやん」

私は慌てて靴を脱ぎ
脱いでる間にも崩壊を続ける靴底からはどんどん黒い固まりが落ち
あたりを真っ黒けに汚し倒したあげく
靴を抱えて裸足のまま忍者のように小走りで部屋に帰ったのでした。

もちろん玄関も真っ黒になりました。
留守番していたガムは飼い主が帰ってきたと半狂乱。
ごめんガム、またすぐ出て行くんだよ。

靴を履き替え、何食わぬ顔をして汚れたエレベーターに乗り
汚れたロビーを突っ切り、駅に向かって歩いていくと
先程自分の靴から崩れ落ちた靴底のなれの果てが
ぽとり、ぽとりと駅まで延々続いておりました。

ご自分の家の前を掃除されてた奥様が、怪訝な顔をして
その固まりを拾っていらっしゃいました。

罪悪感と共に、東京へ急ぎました。

翌日はやかわともこ先生にその話をしたら
「あるある、ずっと履いてなかった靴でなるんだよね!」
と、すでに経験済みでいらっしゃいました。

昨日返ってきたらマンションの中も綺麗になってた。
ありがとう、いつもお掃除してくださってる人。


打ち上げパーティーについてはまた後日。
| 日々の雑談 | COM(-) | TB(-) |