12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-11-04 (Sun)
仕事が案の定予定通り進まずただ時間だけが流れていく日々
もう11月か~(涙)と思って外に出たら
もう街はクリスマスのディスプレイになっていた。

そんなに生き急ぐなよ!!(暴)


以前このブログにも書きましたが
今年の夏から骨盤矯正に通っております。

ここ数年どんどん腰痛がひどくなってきて
左足にも痛みや痺れが出始めまして
寝返りうつにも激痛が走ったり、階段が下りられなかったり
日常生活にかなり支障をきたしていたので通い始めたのですが
当初「骨盤のゆがみと開きが酷いので10回通ってください」と
言われ、夏の炎天下、10回通いきったところで先生曰く

「まだ女性の標準値まで骨盤が閉じていない不安定な状態です」

カルテ?のようなものを見せていただきますと
最初に計った私の骨盤の開き具合のところに大きくマジックで


「大」と。


今、その「大」と女性の標準値の真ん中くらい。

そりゃ、何年もかけて悪くなってきたものが
2ヶ月でケロッと治るハズありませんわなあ。

この時点では、腰痛はまだ残っていたものの
寝返りが楽に出来るようになるなど確かに効果も感じており
中途半端でやめて今までの金が無駄になるのもいやなので
もう10回追加して、今もまだ通っているのです。


が、
初めの10回ではそんなに劇的には感じなかったのが
ここ数回で「おや?」と自覚できるほど症状が軽減。
足のむくみも減って、腰痛はまだあるものの
左足の痛みはほとんど感じなくなりました。

ここに来てやっと普通の人の骨盤レベルに近づいてきたようです!!


先日、原稿に入ってしばらく整体にいけなかったのですが
10日間ほど机にかじりついていたため、また歪んでいたようで、
先生も普通にやっていては追いつかないと思ったのか
最近は思いっきり全体重をかけて私の腰骨をぐいぐい押されます。

先生:「体重のせまーす」
愛本:「耐えまーす」

ぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐ……(痛)


そして先生はまた新たな標的を発見されました。

私の肩甲骨が異常に凝り固まっていると言うことを。

原稿明けに「ちょっと右手が腱鞘炎っぽくて」と言いますと
「ああ、ここですね……」と右手のいろんなところを押し始め
またそれ、何で一番痛いところをピンポイントで!!
と、激痛にのた打ち回っておりますと、
さらに背中の肩甲骨の辺りをグリグリ……

「…………………!!!!!!!(激痛)」


せんせー!!
息が出来ません!!!



「あらー凄い、ほら、ゴリゴリ音がするの聞こえる?」と
かなりの力でゴリゴリし続ける先生。

もちろん聞こえております、自分の骨なので。
そんなことよりせんせー息が出来n(以下略)

我慢しようと思っても手足が勝手に妙な動きをしてしまい
時々変な声まで出る始末。
先生は無言でグリグリグリグリ……

するとしばらくして、そのゴリゴリがふっとなくなりました。
「あ、溶けましたね。だいぶ楽になったでしょう?」
にっこりと微笑む先生。
「ほ、ほんどでずね」と脱力のあまりちゃんと発音出来ない愛本。
「ほかの人は一箇所ですむところがあなたは診るところがたくさんね」

それ以来、整体に行く度に
「あ、そうそう右の肩甲骨」と言って先生は
ちょっと楽しそうにグリグリされるのです。
何度かやってもらううち、グリグリが溶けてなくなるのがだんだん早くなってきました。
「あら、今日は息が出来てるわねえ」と言って先生は今日も肩甲骨をグリグリ。


長年、付き合ってきた腰痛と肩こり。
おさらば出来る日がやってくるでしょうか。
| 日々の雑談 | COM(-) | TB(-) |