123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-04-04 (Tue)
ぼくすば4_009


今年は桜が遅いですね。
毎年今頃満開の、うちの近所の公園はまだ1〜2分咲きだそうな。
満開になったら虎太郎を連れて行きたいです。

さて、1日に発売されましたBE・LOVE8号に「ぼくの素晴らしい人生」
第4話掲載されております。
上の画像はその下絵。
下絵は勢いで描きたい愛本です(雑なことへの言い訳…)

今回は、文字の読み書きに障害のある忍が、遥の劇団に関わったことから
成り行きで文字を駆使するハメになる…というお話です。
楽しんでいただけるとうれしいです。

このお話を描く参考にと、スマホの読み上げ機能や音声入力アプリなど
いろいろ試してみたのですが、すごいですね!音声入力!
ボソボソと小さい声で喋っても、漢字変換もほぼほぼ間違いなく入力できましたし、
周りに人がいないところならフリック入力するより格段に早いなと思いました。
ただちょっと句読点とかカギカッコとかの入力がわからなかったですが!

今回の第4話でちょっと一区切り、一ヶ月お休みをいただきます。

お休みと言ってもその間にいろいろとやらねばならないことがあるので
のんびりは出来ないのですが…。

次回の掲載は6月1日発売の12号になります。
お待たせしてしまいますが、楽しみにお待ちくださいませ。

先日、前回のブログで紹介した脚本家の江頭美智留さんに
大阪で面白い脚本を書く人のお芝居があると教えていただき
いろんな舞台を観てみたいなあと思っていたので行ってきました。

けーあーるえりーさんという脚本家さん(劇団エリザベス主宰)の
「エリーの晩餐祭」という舞台で、短編3本、70分ほどのお芝居。
小さい劇場で、入っていくと一番前と一番後ろが空いていたので
一番前で拝見しました(笑)。

いきなり派手なダンスで幕開けで、かぶりつきで見ていた私は面食らいましたが(笑)
一話目は痴漢をせねばならないのっぴきならない理由を力説する男性二人のお話
二話目はソフトバンクのペッパーくんがお客さんを好きになってしまう切ないお話
三話目は稼ぎのいい男性と結婚したい女性、その結婚式を何度もぶち壊しに来るふんどし男との
20年に及ぶ愛憎劇。

すごい面白かったですよ!
ちょっと口ではうまく説明できませんけども、三話目なんてそんなバカなと思う結末ながら
しかしその説得力!声出して笑いました。

個人的にはペッパーくんの片思いが切なくてうるっと来ました。
どのお話もなんだか可愛いお話でした。

仕事がらみとは言え最近舞台を見る機会が増えて楽しいです。
思えばここ数年、アウトプットばっかりでインプットをあまりしていなかったなと思いました。

今年はたくさんインプットしたいなー。


| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |