123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-04-24 (Sat)
早く書かねばと思いつつ間が開いてしまいましたが(開き過ぎ)
3月の二回目の上京についてです。

3月28日に開催されましたPandA-J主催の
「第1回アート甲子園 小さなピカソたちの夢」に
審査委員として参加させていただきました。

PandA-Jとは知的障害のある人の権利を守る社会を目指して作られたNPO法人で
愛本は「だいすき!!」を描く上で大変お世話になっております。

PandA-Jについて詳しくはこちら→http://www.panda-j.com/index.html

今回は全国の特別支援学校に通う児童、生徒さんたちの作品展と
全国の障害のある人たちが作った食品やお酒の試食&展示即売会。

作品の審査会は2月にあって、他の審査委員の方々はそれぞれ作品を
選び終わってらっしゃったんですが、愛本は仕事で伺えなかったので
当日、ぶっつけで自分的に、見ていて一番ワクワクした作品を選ばせていただきました。
ほんとにすてきな作品がいっぱいで、選ぶのもなかなか難しかったです。

こういう催しは障害者アート、と銘打たれてはいますが
実際に作品を眺めている時、頭の中で
「これを描いた(作った)人には障害がある」なんてことを
いちいち考えてるわけではないよなあと、この時思いました。

他の審査員の方々もそうではないかなと思うのですが
作者の障害云々よりも、その作品自体が持つ力と言いますか
心に残る作品、心を揺さぶる作品を皆さん選ばれたのだと思います。
そう考えると、アートと言う分野はまったくバリアフリーなのですね。

ほんとに楽しいひとときでした。
また第2回、第3回と参加させていただきたいなあと思います。

この第1回アート甲子園は
早稲田大学、白梅学園大学、植草学園大学の有志の学生さんたちが
中心となって企画、実行されました。
本当におつかれさまでした。
楽しい時間をありがとうございました。

| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |
2010-04-20 (Tue)

甲子園の3累側に来ております。

これから試合開始ー。
ちょっと寒いけど頑張ってビール飲もう。
| スポーツ雑記 | COM(-) | TB(-) |
2010-04-01 (Thu)
なかなか暖かくなりませんなあ~。

今年に入って数回しか外出していなかった愛本ですが
三月末、一気に鬱憤を晴らすように外出が続きました。
しかも出るとなったら一週間で東京二往復とか。


一度目は、お仕事の先輩の山田うさこさん
平岡祐太さんの初舞台「相対的浮世絵」を観に。

平岡祐太さんはドラマの「だいすき!!」で
蓮をやってくださったのですが
うさこさんがそれ以来、平岡さんの大ファンだそうで、
「愛ちゃん、一緒に行かない?」とお誘いを受けたのです。
普段あまり観劇と言うものをしないので楽しみに参りました。

やはり、自分の作品のドラマに出てくださった俳優さんや女優さんが
その後も活躍されてる姿と言うのは、ホントに観ていて嬉しいんですよね。


10年前に死んだはずの弟と友人が突然現れる、と言う不思議なお話で
5人の男性だけで物語りは進んでいくのですが、くすくす笑って観ていると
途中でぶわっと泣きそうになるような。
それぞれの言い分があって、生きてる人間には都合があって
傍目には「うわ~こいつ最悪~」って思えるキャラクターにも
「でも、う~ん、そうだよなあ」とちょっと共感してしまう。
なんとも切ないお話で、でも最後は少しすっきりしているような。

個性的な俳優さんばかりでほんとに見ごたえがありました!
とても面白かったです!


んで、その夜はドラマつながりで(笑)
お友達のはやかわともこさんと、脚本家の篠崎絵里子さんと飲みました。
篠崎さんはこの1月からやっていた、はやかわさん原作の
「ヤマトナデシコ七変化」のドラマの脚本をされてたのですが
実はドラマ「だいすき!!」の一話目の脚本も
手がけてくださってまして、そのご縁で愛本とはツイッター仲間。
ここに不思議なメンバーでの飲み会が実現(笑)。

漫画家と脚本家、なんとなく共通する部分もあり
家にこもってる漫画家と違って華やかな業界話も聞けたりと
しゃべっていると楽しくて時間を忘れてしまいました。

ホントに時間を忘れて翌日もはやかわさんとしゃべり倒したので
大阪に帰るのが遅くなってしまったのですがね……。

この三日後にまた上京したのですが
それはまた次回に。



| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |