12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-03-11 (Thu)
急に暖かくなったと思ったらまた極寒だったりの毎日
皆様いかがお過ごしでしょうか。

愛本は冬の風物詩、車のバッテリーも上がり、交換いたしました。
余計な出費です。

さて、明日12日ですが、
「だいすき!!」11巻が発売になりまーす。
ひゅーひゅーぱふぱふ!!

11巻と言うことで今回から、表紙のデザインがちょっと変わりまして
タイトルロゴが縦書きになりました。
縦書きと言うとちょっと大人なイメージ(なんとなくだけど)ですが
ひまわりも小学4年生になり、いろんなことが分かって来た中で
おかあさんが「知的障害者」であることを知るというのが今回のお話です。

この連載が始まって、幸いにも長く描かせていただけると感じた頃から
いつかは描かねばならないと思っていたお話で、時期については
色々取材を重ね、ひまわりに本当に「障害」と言うものを
理解してもらえる年頃、と言うことで、小学4年生と、
前々から決めていました。

のですが、内容が重くてきつい話になるのは分かっていたので
正直描きたくないなあと、逃げていた部分もあり……。

ただ、取材でひまわりと同じ立場のこどもたちと会う中で
いろんな気持ちがありながらもみんなお母さんのことが好きで、
この連載が始まった頃に初めて会った女の子は、この5年ですっかり大人になっていて
「私の気持ちを知ってほしい」と言って、長い時間かけて赤の他人の私に
お母さんのことを話してくれました。

面白いマンガを描きたいとか、そう言うことよりは
なんとかしてその子たちの気持ちに報いたいと思いながら
思いつつも逃げ出したくなりながら描いた11巻であります。

描き上げた後は若干、燃え尽き症候群のようになり
担当さんの電話に「もう難しいこと考えたくありません」と言ったら
なぜか担当さんが「すみません」と謝りながら電話を切って
その後しばらくそっとしておいてくれました。
こっちこそすみません。

やっと、最初であり最大の難関を乗り越えたひまわりですが
これからも悩みながら大きくなって行く姿を
ちゃんと描いて行けたらなあと思います。

桜の花びらまみれのひまわりが目印です。
ぜひ読んでみてくださいませ。
| お仕事NEWS | COM(-) | TB(-) |