12345678910111213141516171819202122232425262728
2010-02-27 (Sat)
寂しいから終わらないでほしいよな、オリンピック。

女子フィギュア、真央ちゃんに号泣。
ほんとにすごいと思いました。
赤の他人にそんなこと言われても困るでしょうけど誇りにすら思いました。
ほんとごめんなさい(え?)。

キム・ヨナ選手の演技も本当に素晴らしかったし
真央ちゃんといい、この19歳たちの精神力にただただ脱帽。
自分が19歳の頃ってもっとアホだったよ。

鈴木選手の演技も、途中から涙が出るほど良かったし
美姫ちゃんもトリノの頃からのことが思い出されて感動しました。
みんなが悔いなく滑ってくれたら結果はもう良いと思っていたのですが
真央ちゃんと織田くんには悔いが残ったオリンピック。
でも悔いは次に進む力になると思います。
4年後、また感動させてほしいです。


んで、男子の時がそうだったので、女子もそりゃそうなんだけど
今の採点法はチャレンジする気持ちをそぎますねえ。

今の採点法に合わせて勝てるプログラムを作るのは戦略として正しいので
それはいいと思うのです。

でもオリンピックは競技会であり、選手がアスリートである以上は
より難しい高度な技に挑戦するのは当然と思います。
そしてその高度な技に挑戦して成功したら、ちゃんと評価をしてくれないと
だれも挑戦しなくなってしまう。

すでに出来る技の完成度を高めるのは大事でしょうが
それだけになってしまうとなんだか「鑑賞会」みたいになっちゃう。

こないだの日記にも書きましたが、私は個人的に
ジャンプよりもストレートラインステップが好きだし
表現力のある演技がとても好きです。
(男子の時はその評価にも疑問がありましたが)
なので、ジャンプが飛べればそれでいいとは思いません。
でも、3Aを3回も、女子で初めて飛んだにしては
あの点差はどうなんだろうと思うのです。


それぞれ得意技があるんで、表現力のある選手は芸術性を高めるように
ジャンプの得意な選手はより高く早く飛ぶ努力をするのです。
なぜその評価がこんなに低いのか。

誰にでも出来るわけじゃない、難しい技に挑戦して、成功したにしては
あまりにも報われなかったなと。

それはきっと初めから承知の上で、真央ちゃんは挑戦したんでしょうけども
それでもアスリートとしてより高みを目指そうとする潔さに
とても感動しました。

尊敬します。


私はほんとにフィギュアスケートが大好きで、子供の頃からずっと観てきたので
いままでだって納得のできない採点もいっぱい観てきましたけども
選手の努力がちゃんと報われる、そういう風にしてあげてほしいなと思います。
| スポーツ雑記 | COM(-) | TB(-) |
2010-02-19 (Fri)
始まりましたよね、オリンピックが。

スポーツは出来る限りリアルタイム観戦!!
を、モットーにしている愛本にとって
今回比較的時差が楽です、トリノ五輪と比べれば。

〆切で原稿やってる時に始まったので、
初めはアシさんと仕事しながら応援してました。

個人的に上村愛子ちゃんがとても好きで。
4位は残念でしたけど……あ~ほんと、惜しかった。
愛子ちゃんの涙に思わずもらい泣き。

女子カーリングもハラハラしながら観てます。

今日はなんと言っても男子フィギュアでしたねえ~。
8年前の「世紀の男前決戦」、4年前の「変なキノコ食ったのかプルシェンコ」
そして今回と、相変わらずの存在感のプルシェンコでしたが
うわ~~まさかの銀メダルとは~~。
でも確かに今回、余裕無かったもんね、プルちゃん。

高橋くん、銅メダルおめでとう!!
ストレートラインステップの途中から涙が出そうになりましたよ。
ほんとに、良かった~。

織田くんは天下統一なりませんでしたが、出来れば次も出てほしいです。
今回のチャップリンのプログラム、すごい好きだった。

小塚くんはもうちょっと衣装派手にしても良いと思うんだがどうか。

4回転に挑戦しての銅、回避しての金。
確かに最近の採点方法は、チャレンジする気持ちをそぐような気がします。
素人ながら、もう少し挑戦する気持ちを大事にしてくれたらなあと。

ただ個人的にはジャンプは「失敗か成功か」だけのことで
一番好きなのはストレートラインステップだったり、表現力だったりもするので
今回ウィアーの得点が伸びなかったことが不可解だったりもするのです。

昔は技術点で及ばなくても芸術点で逆転したりがあったし
やっぱり、観ていて感動するのは表現力の高い選手なので。

と、言うことで、愛本の心の金メダルはランビエールに。(えええええ)

でもやっぱキャンデロロを超えるスケーターは現れないわね。(何様)
| スポーツ雑記 | COM(-) | TB(-) |
2010-02-04 (Thu)
100203_1706~01.jpg



……に、行って参りました!!withチェリー。

東京でやっていた時に行きたかったのですが、
実際東京までは行ってたのですが、入場規制までされて
行っても入れるかどうか分からなかったので
あきらめたのでした。

今回は絶対行くぞーと、前売り券もチェリーに買ってきてもらって準備万端。
入るのに並ばなきゃ行けないかもしれないからと、午前中から張り切ってGO!!

平日で寒かったから普通に入れました。

「すべて直筆ですのでお手を触れないようにお願いします」との
係員さんの言葉に「すべて直筆!!」と、いや当たり前なんだけど
そんなことにすら感動する。
だって井上先生のじきひ¥t(落ち着け)


あああああ~~~~~。
すてき~~~~圧巻~~~~~。


いきなり一枚目から、原稿一面の細かいカケアミに膝の力が抜ける私たち。
そこは職業柄、いろんな意味で涙が。

展示全体を通して一つの物語になっていたのですが
方向音痴のせいか所々順番を間違ったり飛ばしてしまって後戻りする。
あまりの迫力に圧倒されたり「壁の上のにょろ」に笑ったりしながら
最後にはふわ~っと感動が。

あれもマンガなんだよなあ……。


気がついたら4500円の図録を持ってレジに並んでましたよ。
まあ、他にも勢いに任せて色々……買ってしまったのだが……。

こういう感動は言葉にするのが難しいので
あえて書きません!!(逃)
でもほんとに行ってよかったです!!

ビバ!今年3回目の外出!!

| 日々の雑談 | COM(-) | TB(-) |