123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-12-07 (Sun)
昨日の新聞に、とても嬉しいニュースが載っていました。


news.jpg



2003年、講談社のBE・LOVEで
「しあわせのかたち」という漫画を描かせていただきました。
初めてBE・LOVEに載せていただいた作品です。

結婚を間近に控えた女性が白血病になり、その治療である骨髄移植によって
不妊になってしまう可能性に悩むというストーリーでした。


その数年前に骨髄バンクの大谷貴子さんから、
「そういう患者さんのために未受精卵の凍結保存の技術が開発されたけど、
まだ公的には認められていない。漫画で描かない?」と酒の席で言われたのですが、
当時は少女誌で描いてたこともあり、なかなか実現しませんでした。

ずっと描きたいと思いながら、数年後に初めてBE・LOVEの編集さんとお話させて
いただいた時「何か描きたいことはありますか?」と聞かれ、この話をしましたら
「うちの雑誌の読者の年齢層に合いますし是非載せましょう」と
言っていただきました。

当時はやっと骨髄バンクが知れ渡り、登録者数も増え
少女漫画では不治の病として定番だった白血病は、治る可能性のある病気になり
過酷な治療であっても骨髄移植は、患者さんにとって希望であったと思います。
でもその結果不妊になる可能性については、あまり世間では知られていませんでした。
私も大谷さんから聞くまで知りませんでした。


漫画なら、難病を克服し、命が助かった!おめでとう!でハッピーエンドです。
でも実際の患者さんには、生き延びたその先の人生が続いていきます。
「命が助かったんだからよかったじゃないか」ではあまりにも切ない現実が待っています。
そこに一つの希望がもたらされたのです。

大谷さんにお世話になりながら、患者さんから未受精卵の凍結保存を行っていた
加藤レディースクリニックや、実際に卵子を凍結保存した患者さん
(骨髄移植前の貴重なお時間を割いてくださいました)に取材させていただき、
いろんな方にお世話になりながら、やっと作品として描けた時は、
本当にホッとしたものでした。
残念ながら単行本という形にはなりませんでしたが、現在は電子で配信して頂いています。


この秋に大谷さんから「凍結卵子での初めての赤ちゃんが生まれるのよ」とお聞きし、
ああ、ついに、と、私ですら感動を覚えたのですから、
今までずっと関わってこられた方々にはどれほどの喜びかと思います。

出産されたお母さん、おめでとうございます。
産まれてきた赤ちゃんがたくさんの祝福を受けていっぱい幸せを掴みますように。


関心のある方はぜひご一読を。
「しあわせのかたち」http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784064198002


| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |
2012-07-07 (Sat)
お久しぶりです。
暑くなりましたねえ~。

愛本は先月末からちょっと長めに東京に行ってきました。

6月29日は脚本家の江頭美智留さん主宰、劇団クロックガールズさんの
「正しいホシの見つけ方」を観劇してきました。

このお芝居、舞台は本物のインド料理レストランを使って
そこの従業員さんたちの物語が繰り広げられました。

しかも私たち観客は食事しながらです!
私はチキンカレーを大変美味しくいただきました。

役者さんたちがお芝居しながら、お客さん(私たち)のテーブルを回り
水をフツーに入れて行ったり、お菓子を配りに来たり。
ほんとにすぐ目の前で、毛穴まで見える距離で観る演技の迫力ったら!

役者さんが演技で涙を流すと、なぜか「はっ…あまりジロジロ見てはいけない」
なんて思ってしまい(笑)そうだ、これはお芝居だったとガン見しなおしたり。

笑って泣いて、とっても楽しい舞台でした。
クロックガールズのみなさん、ありがとうございました!

お芝居はお友達の脚本家さんたちと観に行って、その後女子会。
そのあとは最近猫を飼い始めたSさん(仮名)宅へ。

DSC_0350_20120707191612.jpg

うおおおおかわええええええええーーーーー!!!

名前は「まる」ちゃんですって。
でも悪いから「わる」って呼ばれてました。
今度会いに行く頃には壁も畳もぼろぼろかな?ふふふ。


せっかく久しぶりの上京なので、普段会えない友人にもたくさん会って来ました。
2日連続で品川の「風来坊」で手羽先を貪り食ったりね!!
ああ、名古屋めしってなんであんなに美味しいんだろう…。

〆切明けのはやかわともこさんのおうちにも久しぶりにお邪魔して
ツイッターで知り合った漫画家Nさん(仮名)も一緒に
お好み焼きを焼きました。
朝までおしゃべりして喉が枯れましたわー。

こちらも可愛いはやかわさんちのてんちゃん♫

DSC_0356.jpg


で、なんでそんなに長く東京にいたのかというと
7月3日が講談社漫画賞のパーティーでしたので
せっかく上京するんだからそちらにも参加しようかと。
パーティーも久しぶりでしたしね。

久々に再会する漫画家さんや編集さん
初めてお会いする、しかもずっと会いたかった漫画家さんたちと
いっぱいお喋りもできて、ほんとに楽しかったです。


んで、もう10年くらい前になりますが
愛本はその頃、別冊フレンドで描いていて
デビューして14年、年齢的にももう少女漫画は難しいなと
自分のこれからについてすごく悩んでいたのです。

その頃パーティーで、編集さんに紹介された
愛本が子供の頃から第一線で活躍されてた某大御所漫画家さんに
「私もあなたくらいの頃、すごく悩んだのよ」と励ましていただき
「早く上に上がってきて私に刺激を与えてね」と
このペーペーの私に、その先生はおっしゃったのです。

すごいびっくりするような言葉でしたので
ずっと忘れられなくて。

その先生と、今回お会いすることが出来たので
あちらはお忘れだろうけど、その時の話をさせていただきました。
するとその先生は、頷きながら聞いてくださり
「あなた、よく頑張ったわね」
と、言って下さったのです。

ちょっとですね。

すみません、わたし、涙がですね。
勝手に溢れましてですね。


ほんとに嬉しかったのと同時に
「ああ、私なんてまだまだだなあ」と
痛感したのでした。


久しぶりにのんびり東京で遊べてよかった。
これからもがんばろうとおもいます。



| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |
2010-04-24 (Sat)
早く書かねばと思いつつ間が開いてしまいましたが(開き過ぎ)
3月の二回目の上京についてです。

3月28日に開催されましたPandA-J主催の
「第1回アート甲子園 小さなピカソたちの夢」に
審査委員として参加させていただきました。

PandA-Jとは知的障害のある人の権利を守る社会を目指して作られたNPO法人で
愛本は「だいすき!!」を描く上で大変お世話になっております。

PandA-Jについて詳しくはこちら→http://www.panda-j.com/index.html

今回は全国の特別支援学校に通う児童、生徒さんたちの作品展と
全国の障害のある人たちが作った食品やお酒の試食&展示即売会。

作品の審査会は2月にあって、他の審査委員の方々はそれぞれ作品を
選び終わってらっしゃったんですが、愛本は仕事で伺えなかったので
当日、ぶっつけで自分的に、見ていて一番ワクワクした作品を選ばせていただきました。
ほんとにすてきな作品がいっぱいで、選ぶのもなかなか難しかったです。

こういう催しは障害者アート、と銘打たれてはいますが
実際に作品を眺めている時、頭の中で
「これを描いた(作った)人には障害がある」なんてことを
いちいち考えてるわけではないよなあと、この時思いました。

他の審査員の方々もそうではないかなと思うのですが
作者の障害云々よりも、その作品自体が持つ力と言いますか
心に残る作品、心を揺さぶる作品を皆さん選ばれたのだと思います。
そう考えると、アートと言う分野はまったくバリアフリーなのですね。

ほんとに楽しいひとときでした。
また第2回、第3回と参加させていただきたいなあと思います。

この第1回アート甲子園は
早稲田大学、白梅学園大学、植草学園大学の有志の学生さんたちが
中心となって企画、実行されました。
本当におつかれさまでした。
楽しい時間をありがとうございました。

| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |
2010-04-01 (Thu)
なかなか暖かくなりませんなあ~。

今年に入って数回しか外出していなかった愛本ですが
三月末、一気に鬱憤を晴らすように外出が続きました。
しかも出るとなったら一週間で東京二往復とか。


一度目は、お仕事の先輩の山田うさこさん
平岡祐太さんの初舞台「相対的浮世絵」を観に。

平岡祐太さんはドラマの「だいすき!!」で
蓮をやってくださったのですが
うさこさんがそれ以来、平岡さんの大ファンだそうで、
「愛ちゃん、一緒に行かない?」とお誘いを受けたのです。
普段あまり観劇と言うものをしないので楽しみに参りました。

やはり、自分の作品のドラマに出てくださった俳優さんや女優さんが
その後も活躍されてる姿と言うのは、ホントに観ていて嬉しいんですよね。


10年前に死んだはずの弟と友人が突然現れる、と言う不思議なお話で
5人の男性だけで物語りは進んでいくのですが、くすくす笑って観ていると
途中でぶわっと泣きそうになるような。
それぞれの言い分があって、生きてる人間には都合があって
傍目には「うわ~こいつ最悪~」って思えるキャラクターにも
「でも、う~ん、そうだよなあ」とちょっと共感してしまう。
なんとも切ないお話で、でも最後は少しすっきりしているような。

個性的な俳優さんばかりでほんとに見ごたえがありました!
とても面白かったです!


んで、その夜はドラマつながりで(笑)
お友達のはやかわともこさんと、脚本家の篠崎絵里子さんと飲みました。
篠崎さんはこの1月からやっていた、はやかわさん原作の
「ヤマトナデシコ七変化」のドラマの脚本をされてたのですが
実はドラマ「だいすき!!」の一話目の脚本も
手がけてくださってまして、そのご縁で愛本とはツイッター仲間。
ここに不思議なメンバーでの飲み会が実現(笑)。

漫画家と脚本家、なんとなく共通する部分もあり
家にこもってる漫画家と違って華やかな業界話も聞けたりと
しゃべっていると楽しくて時間を忘れてしまいました。

ホントに時間を忘れて翌日もはやかわさんとしゃべり倒したので
大阪に帰るのが遅くなってしまったのですがね……。

この三日後にまた上京したのですが
それはまた次回に。



| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |
2010-01-24 (Sun)
20100124235832


今年に入ってまだ一回しか外出してないことに気がつきました愛本です。

その一回も、ガムのおチンチンが腫れて慌てて獣医さんに駆け込んだとか。
ええ!?

明日、二回目の外出します。整体ですけど。
若干、自分の生き方に疑問が生まれ始めています。


ただいま、3月に発売されます「だいすき!!」の11巻の
カバーのカラーを描いてます。
単行本の表紙はいつも、担当さんとデザイナーさんから
「こんな感じで」とイメージを伺ってから描くのですが
イメージ通り描けてるかどうかは……(ええええーーー)


自分は家にこもってますが、今月はいろいろ
うれしいニュースもありました。

うちの初代アシさんが、今月無事ご出産!!
うちに初めて来た頃は女子大生だったのに、なんと母に!!
去年暮れに何年ぶりかで会ってご飯を食べて、私もとても楽しみにしてたので、
母子ともに健やかな様子、ほんとにうれしいです。
落ち着いた頃に赤ちゃんを見に行きたいな~。

もうひとつ、こちらは去年までうちでアシさんをしてくれてた人が
マンガ雑誌でデビューしました!!
ひゅーひゅーぱふぱふ~。
アシをしながら原稿描いて、持ち込みを続けていた頑張り屋さんなので
ほんとに良かったなあと思います。
続けて行くのがまた大変ですが、がんばってほしいです。


うーん、いいな。
なんかあたしもめでたいことないかな。

とりあえず明日出掛けたらデパ地下で軟骨の唐揚げ買ってくるか。

| 漫画家っぽい日記 | COM(-) | TB(-) |