123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-05 (Mon)
tobira5.jpg tobira5k.jpg


お久しぶりです!

一ヶ月おやすみをいただいておりました「ぼくの素晴らしい人生」
発売中のビーラブ12号から連載再開してます。
なんと巻頭カラーをいただいておりまして、ビーラブの表紙めくって
「うお、巻頭か!」と自分でびっくりしてしまいました(笑)。

上の絵は、左がわたしの描いたカラー原稿で
右が今回の巻頭のトビラです。
担当さんやデザイナーさんがいろいろ考えてくださってこんな感じで完成します。
結構変わりますよね。


今回は、4話までの流れは一旦置いといて。
忍の子供時代のお話になります。

連載開始時の忍は23歳の設定なので(作中にはっきり書いてないような気がしないでもな…)
その20年ほど前、忍4歳のところからお話が始まって
5話では小学1年生と4年生を描いています。

今はディスレクシアと言う障害もテレビなどでも取り上げられて
「聞いたことある」という人も増えてきましたし、学校の現場でも
小学生の早めの段階でわかることが多いようです。

「だいすき!!」を描いていた頃、特別支援教育が始まりました。
それが今から10年前だそうで、「あの取材ってもう10年も前か!」と
月日の流れに震えます。

忍の小学生時代は特別支援教育もまだ無い頃。
環境にもよるでしょうが、障害に気づかないまま気づかれないまま
大変な学校生活を過ごした人も多かったのかと思います。
次回6話も忍の過去編です。
しばし、少年忍にお付き合いくださいませ。


今回、トビラの次のページに岐阜で特別支援学校の先生をされている
神山忠さんのインタビューが掲載されています。

神山さんは27歳の時にご自身がディスレクシアであることに気づかれました。
ディスレクシアでありながら教員であるという神山さんにお会いしたくて
4月に岐阜で取材をさせていただきました。

お忙しい中、とても興味深いお話をたくさん聞かせていただき
忍や遥のこれからにとても参考になりました。
今回のインタビュー記事も、読んでみて改めて気づきのある内容でした。
関心のある方はぜひ、読んでみてくださいね。


それと、今月は13日に単行本「ぼくの素晴らしい人生」1巻が発売されます。
内容は1話から4話までと、去年の夏に描いた「ひまわり!!」のスピンオフ
菊花ちゃんが主役の「それからの菊花ちゃん」が同時収録されます。
楽しみにお待ちいただければと思います。


さて、お休みの間ももうちょいマメにブログを更新しようと思っていたのに
結局はこの有様で、仕事以外で何をしてたかと言いますと
甲子園に阪神戦を観に行ったり(ここまで3回観に行って1勝2敗)
東京行ってお芝居を観たりしていました。

取材にもご協力いただいてる劇団クロックガールズさんの
女優阿部みさとさんと俳優高橋乱さんが、一人芝居に挑戦されるということで
一人芝居なんて観たことない!なにそれ絶対観たい!と思いまして。

前半と後半でお一人ずつの一人芝居があって、ラストでそれが一つにつながって
思いがけない結末を迎えるという構成でした。
脚本は主宰の江頭美智留さんなのですが、なんていうか
「よくこんなこと考えるなあ…(いい意味で)」なお話で
お二人の狂気すら感じるお芝居にグイグイ引き込まれてしまい
奇しくも劇場の外は祭りの真っ最中で途中お神輿が通ったりしたのですが
それすら気にならないほどの熱演でした。
いいもの観たなあ〜〜。

9月にはまた劇団の本公演もあるそうなので、また上京せねば。
お芝居って、おもしろいですね。


akatokuro

| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-03-07 (Tue)
ご無沙汰しております。

確定申告やらパーティーにお呼ばれやら取材やらでバタバタしてる間に
風のように時が流れお知らせが遅くなりましたが!
「ぼくの素晴らしい人生」第3話掲載のBELOVE6号
1日に発売されております。


bokusuba3.jpg


あと10日ほどしたら次の号が出てしまうので
もし「読んでやるか」と思われた方はお早めに…(お知らせ遅すぎ)

この連載、知らない世界のことが多すぎて勉強がなかなか追いつかず
毎回綱渡りから落っこちそうになりながら描いてるわけですが
この3話は描き上がってみれば結構楽しかったな…なお話になりました。

新連載が始まったばかりの頃って、まだキャラたちと完全には打ち解けてないといいますか
心の底からお友達になれてないといいますか。

「だいすき!!」の時も、柚子のことが分かってきたと思えたのって
連載一年くらいたってからだったんですよね。

描いてるうちに細かいところで「こんなところもあるんだな」とか
「こういうことをホントは考えてるんだな」とか、だんだん馴染んでいって
そのうちキャラが想像もしなかったことを言い出したりやりだしたり。

そこまで行くにはまだ長い道のりかと思いますが
今回は少し、忍と遥に新しい発見もありました。
早くお友達になりたいものです。

んで、もちろんディスレクシアや発達障害についても
沢山の方々にお世話になりながら取材させていただいてるのですが
もう一つこの作品、演劇というものが関わってまして
そちらのほうでも先月、今月と上京し、取材に行ってきました。

ご協力いただいてるのは、脚本家の江頭美智留さん主宰の
劇団クロックガールズさんです。

江頭美智留さんと言えば
「ナースのお仕事」とか「ごくせん」とか
「1リットルの涙」とか…ビッグネームですよ!
最近では「不機嫌な果実」で真夜中に爆笑したのが記憶に新しいです!

そんな江頭さん、ご本人は関西出身のとても気さくな方で、数年前に
ひょんなご縁で(話せば長くなる)知り合ってから仲良くしていただいてます。

愛本はそれまであまり舞台と言うものに馴染みがなく
演劇を生で観たこともほんの1〜2回くらいだったのですが
江頭さんと知り合ってからクロックガールズさんの舞台を観に行くように。

クロックガールズさんのお芝居は基本コメディで、笑いがあってとても楽しいのですが
その中にも切なさとか悲しさも織り込まれ、とても見ごたえがあるのです。

今回、取材をさせてもらえませんかとお願いしましたら快く承諾してくださいまして、
本公演の直前で忙しいさなかに稽古の見学をさせていただきました。

練習のお邪魔になってはいけないと、最初は2時間ほど見学して帰るつもりが、
それがもう面白くて途中で帰れず、結局6時間も…
合間を縫って劇団員の方にもちょこちょこ質問などしてみたのですが
みなさん真摯に丁寧に答えてくださり、お茶を入れてくださったり
人狼ゲームに誘ってくださったりと…

愛本は基本、正直な人間ですのでね。
ひどい目に遭いましたね、人狼ゲーム…
もう瞬殺ですよね…ふふ…悔しくなんかないよ。

で、その本番の公演も拝見しに行きまして
練習の時と同じ場面も更に面白く、さらに感情豊かに
ブラッシュアップされていて、こんなふうみんなで作り上げていくんだなあと
それを少し内側から見せていただけたのは、とても貴重な経験になりました。

私の漫画に出てくる劇団はもっとこじんまりした劇団かなと思いますが
今までぼんやりしていたことがいろいろと見えてきたような気もしました。

ただ、お芝居を見ている途中で、話の肝になるネタバレを
見学の時に観てしまっていたことに気づき「ああ…!!」ってなりましたけども。

rarabai.jpg


今回の本公演「悪女たちのララバイ」は昨日が千秋楽。
みなさんお疲れ様でした!

次回の本公演は9月に決まったそうです。
また観に行かねば。

みなさまも、一度是非足を運んでみてくださいませ。


劇団クロックガールズ official website→劇団クロックガールズ official website


| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-02-02 (Thu)
ぼくすば2_011


新連載2話目掲載のBELOVE4号が、昨日発売されました!

今回は、第一話で自分の障害を指摘された忍が
変わりたい一心でカフェのマスターを尋ねるところから始まります。

今回一番悩んだのは「ディスレクシア」をどう説明するかでした。
上のページはその説明シーンです。
セリフはまるっと消えてますが!


このディスレクシアというのは発達障害の一つなのですが
いろいろと複雑な要素が入り組んでいまして
ざっくり説明すると誤解が生じるかもしれず
かと言って難しく説明すると混乱してしまいそうな

若干私の頭の中も混乱しておりましてですね!

取材でも数人のディスレクシアの方々にお話を伺っているのですが
みなさん、障害の現れ方がぜんぜん違うんですよね。

ディスレクシア以外に自閉傾向であるとかADHDであるとか
他の要素が混じっている場合も多いそうで。

取材前に本などで読んで「ディスレクシアってこういうもの」みたいな
先入観を持ってお会いすると「ええええそれもディスレクシアなの!?」と
フリダシに強制送還されるようなこともありまして…。

この「取材すればするほど混乱する」という経験はよくあることで(私だけだろうか…)
「だいすき!!」の取材を始めた頃にもありました。

柚子がそうだった「軽度知的障害」の場合も同じように
定義の上では知能指数がどうだこうだで決まっているのですが
人によってまったく違うので、連載が始まって一年くらいして
「柚子はこうなんだ」としっくり来るまで、かなり試行錯誤しておりました。

でもまあ、人それぞれ、みんな違うのなんて当たり前のことなんですよね。

ディスレクシアのご本人ですら
「他の人達のことは同じディスレクシアでもわからないんですよね」
とおっしゃるほどなので

私がわかるわけないなと開き直り

基本的なところを説明しております。

でもなんか、これから取材していく上でまた
「ええええそんなこともあるの!?」みたいなことも
ありそうな気がします…。

そういうこともさらけ出しながらのライブ感満載の新連載!(ライブ感言うな)
今後ともヨロシクお願い致します!

| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-01-05 (Thu)
bokusuba1_201701050624490c8.jpg


…ということでございましてね!(無理矢理前のブログからつなげてみる)

新連載始まりました!

ひゅーひゅーぱふぱふー。

BELOVE2号、去年末の12月28日に発売されておりますのでお知らせが遅くなっt…
もう読んでくださった方もいらっしゃるかと思います。
ありがとうございます。


タイトルは「ぼくの素晴らしい人生」

タイトルと言うのは漫画家だけで考えるものではなくて
編集部の方たちと案を出し合って決めるものなのですが
今回、「人生」という言葉を入れたいなということで
担当さんと意見が一致しまして
「〇〇な人生」とか
「人生は〇〇だ!」とか
(〇〇に好きな言葉を入れてください)
タイムリミットギリギリまでなかなかピンとくるのが浮かばなかったんですよね。

それでふと、解散のこともあるし
この機会にSMAPの曲のタイトルからもらえないだろうかと
アルバム曲も含め、つらつらと眺めておりましたら
「僕の素晴らしい人生」が目にとまり。

柔らかい感じにしたかったので
「僕」をひらがなに変えて提出しましたところ担当さんから
「調べたらSMAPの曲に同じタイトルのものがありますが、
愛本さんさえ差支えなければこれで行きたいと思います」と返事が。


差し支えるも何も。


そんな感じで始まりました新連載。
愛本には珍しく、主人公は男性、そして脇にと言いますか
もう一人の主人公も男性と、あまり描いたこと無いキャラ設定で
描く方としてはちょっと新鮮な感じもしつつ。

「だいすき!!」「ひまわり!!」と、わりと女性率が多かったんで
その反動かもしれませんが。

2話目からはこの二人に加え徐々に他のキャラも出していく予定です。
私もどうなるかあんまり分かってないんですけど(またかよ!)
楽しんでいただけるようがんばりますので
今年もよろしくお願いいたします!


| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2016-12-24 (Sat)
bokusuba1.jpg


大変ご無沙汰しておりました!!!

二度ほど掲載が延びておりました新連載ですが
先日無事に一話目を描き終えまして、予告も掲載されました。


タイトルは「ぼくの素晴らしい人生」


ディスレクシアという文字の読み書きが困難な障害を抱える青年が
自分の障害のことを知らないまま大人になって、とある出会いから
人生が動き出すというお話です。

取材をするほどにこのディスレクシアという障害がほんとに難しく
なかなか主人公が生身の人間として動いてくれるまでにならず
今も若干、見切り発車的なとこr(略)

今月28日発売のBELOVE2号からの隔号連載になります。
前に描いていた「ひまわり!!」同様、偶数号の掲載になります。
発売しましたらまたいろいろ書いてみようかと思います。


んで、お休みの間も月に一回は近況報告のブロクを書こうと思っていたのですが
皆さん御存知の通り、8月にSMAPさんの解散報道がありまして。

気持ち的にはずっと喪中みたいな日々でしたし
ブログを書けばそこに触れないわけにもいかず
でも気持ちも整理できず…。

酷い報道がたくさん流れる中、それに惑わされず本人たちを信じようと
きっとたくさんのファンの人たちも同じ時間を過ごしたのだと思います。

私は慎吾くんが大好きで、ライブでも、どんなマメップ席でも
ひたすら慎吾くんを目で追う(でかいから探しやすい)という人間ですので
特に慎吾くんに関する報道は憤りを感じるものが多かったです。

長年ファンをやってきた人なら、
今さらあの5人が「不仲」で解散するわけ無いと知っています。
そんなもん、メンバーが抜けようが逮捕されようが乗り越えてきた彼らが
いまさらそんな。

ついこないだまで、おじいちゃんになってもSMAPでいたいと
敵が100人来てもSMAPを守ると、彼らはそう言っていたのです。

彼らは仲良しで一緒にいるのではなく、
プロとしての信頼感で結ばれているのだと思ってきました。
だからずっと解散なんて考えたこともなかったし、
生きてる限りSMAPはあるものだと思っていました。

本人たちが前向きに、次のステップのために選んだ道なら
解散でも泣きながらでも受け入れたでしょうが
今回はそうじゃなかった。外から壊された。
それがどうしても許せずに、とうとうそのまま年末を迎えてしまいます。

正直、まだ「解散なんてホントはドッキリなんでしょ?」って思ってる自分もいます。
土壇場で「やっぱり解散やーめた!」って言ってくれないかなって思っています。
一回寝て起きたら「全部夢でした!」ってならないかな?とか。

夏以降、一人の時にSMAPの曲を聞けなくなってしまいました。
ボロ泣きしてしまって何も手につかないからです。
今もこれ書きながらぼろぼろ泣いてます。
愛本はSMAPが結成された年にデビューしたので
いっそ私もここで解散するかと(一人ですが)思ったりもしました。

バカなスマヲタと笑ってください…。

あの謝罪会見以来、事務所の醜さが透けて見えて
他のジャニーズのグループをテレビで観てても
素直に楽しめなくなってしまいました。

紅白も別に出なくていいと思っていたので。
紅白は他の歌手の方々にとっても大切な番組ですし
そこで今まで派閥で共演もさせなかった後輩グループから
感動的に見送られる演出とかされてもね?
めっちゃむかつきますでしょ??

28年も第一線で、沢山の人を励まし
誠実に仕事をし続けてきた彼らの最後が
どうしてこんなことになってしまったのかと
それを思うとほんとに事務所への怒りしか無いのです。

こんなもやもやを抱えながら
それでもSMAPさんたちには感謝しか無い。

楽しかった時も一緒だったし
つらかった時にどれだけ励ましてもらえたかわからない。
一晩中泣きながら「オリジナルスマイル」を聞き続けた夜もありました。
ライブに行けば「あーこれでまた一年頑張ろう!」って思えたし
母もいくつになっても、ライブでは恋する乙女のような顔をしていました。

5人が消えてなくなるわけじゃないので
年が明けてもきっとまた普通に彼らの番組を観て
楽しく過ごすと思います。

でももう確実に、見られない風景があるんだと言う大きな喪失感は
きっとずっと持ち続けるんだろうな。

私がただただ望むことは
彼らが幸せでありますようにということだけです。
この騒動の中一番傷ついて疲れている彼らが
この先本来の自分に戻って、望むように生きていってくれたら
それが一番、観ている私も幸せです。


気持ちが整理できないままつらつら書いたので
まとまりなくてすみません。
1ファンのただのつぶやきです。


新連載のタイトル、SMAPさんのアルバム曲からいただきました。
曲のタイトルは「僕の素晴らしい人生」なのですが
僕をぼくに、すこし変えて。


新連載、頑張ります。

| お仕事NEWS | COM(14) | | TB(0) | |