12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-02-02 (Thu)
ぼくすば2_011


新連載2話目掲載のBELOVE4号が、昨日発売されました!

今回は、第一話で自分の障害を指摘された忍が
変わりたい一心でカフェのマスターを尋ねるところから始まります。

今回一番悩んだのは「ディスレクシア」をどう説明するかでした。
上のページはその説明シーンです。
セリフはまるっと消えてますが!


このディスレクシアというのは発達障害の一つなのですが
いろいろと複雑な要素が入り組んでいまして
ざっくり説明すると誤解が生じるかもしれず
かと言って難しく説明すると混乱してしまいそうな

若干私の頭の中も混乱しておりましてですね!

取材でも数人のディスレクシアの方々にお話を伺っているのですが
みなさん、障害の現れ方がぜんぜん違うんですよね。

ディスレクシア以外に自閉傾向であるとかADHDであるとか
他の要素が混じっている場合も多いそうで。

取材前に本などで読んで「ディスレクシアってこういうもの」みたいな
先入観を持ってお会いすると「ええええそれもディスレクシアなの!?」と
フリダシに強制送還されるようなこともありまして…。

この「取材すればするほど混乱する」という経験はよくあることで(私だけだろうか…)
「だいすき!!」の取材を始めた頃にもありました。

柚子がそうだった「軽度知的障害」の場合も同じように
定義の上では知能指数がどうだこうだで決まっているのですが
人によってまったく違うので、連載が始まって一年くらいして
「柚子はこうなんだ」としっくり来るまで、かなり試行錯誤しておりました。

でもまあ、人それぞれ、みんな違うのなんて当たり前のことなんですよね。

ディスレクシアのご本人ですら
「他の人達のことは同じディスレクシアでもわからないんですよね」
とおっしゃるほどなので

私がわかるわけないなと開き直り

基本的なところを説明しております。

でもなんか、これから取材していく上でまた
「ええええそんなこともあるの!?」みたいなことも
ありそうな気がします…。

そういうこともさらけ出しながらのライブ感満載の新連載!(ライブ感言うな)
今後ともヨロシクお願い致します!

| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する