12345678910111213141516171819202122232425262728
2018-02-04 (Sun)
12wa.jpg


あけましておめでとうございます!!(激遅)
うっかりしてたら立春でした皆様いかがお過ごしでしょうか。

普段はそんなに占いも気にしないんですけど
ここ数年しんどいなあと思って調べたら色々重なっていたようで…

昨年末に射手座から土星が去り
大殺界も申酉天中殺も抜けまして
今年からきっと運勢も良くなると信じてやまない愛本です。
っていうかそれだけが心の支えです!


さて、お知らせが遅くなってしまいました
1日に発売されたBE・LOVE4号に
「ぼくの素晴らしい人生」12話を掲載していただいてます。

今回はルウのお話です。
客演として劇団ワサンボンにやってきたルウ。
何故か忍につらく当たってきましたが、その理由が明かされます。

今回のお話を描く時、ルウの気持ちをセリフにするのがとても難しく…
怒っていること、恨んでいること、後悔してること。
頭の中ではわかっているのですが、それをいざマンガで
ルウのセリフとして書こうとすると、どう書いてもなんだか違う。
これがきちんと書けないと、どうすればルウが救われるのかが曖昧になってしまう。
書いては消し、書いては消し、そのうちよけいに分からなくなって
〆切間際にふて寝して、やっとこさ「ああ、この言葉」と見つけて

なんとか少しはルウの気持ちに近づけたのではと思います。

皆様にも楽しんでいただけますように!


年が明けてからまだあまり外出していないのですが(ええ…)
1月はDREAMS COME TRUEのライブに初参戦してまいりました。
母が昔からファンで、一度ライブに行ってみたいと言っていたので
去年申し込んだら抽選で当たりましてね。

京セラのマメップ席になれてる身には
大阪城ホールはとてもステージに近く感じて
ドリカムですから当たり前ですけど、すごく歌がうまい…!!
知らない歌でも聞き惚れてしまって、演出もとてもポップで可愛いし
正直、吉田美和さんがあんなに踊りまくるとは…!!
すっごい楽しいライブでした!
次のライブも行きたいなー。
ファンクラブとか入ってないと難しいのかしら?

dorikamu.jpg


あとは免許の更新で出かけたくらいですかね…
あ、そうだ。商売繁盛の十日えびすに行って笹もらってきたわ。
そうそうデパートのバレンタインの催事とか。

それでもひと月で4回か…

あまりにも引きこもりすぎるので体を動かそうと
ラジオ体操をしたら筋肉痛になりました…

こんな愛本ですが今年もよろしくお願いいたします。



| お仕事NEWS | COM(1) | | TB(0) | |
2017-12-31 (Sun)
1127.jpg 11027.jpg


もうじき2017年も終わりですねえ。

年末ゆえ、いつもより早く28日発売のBELOVE2号に
「ぼくの素晴らしい人生」11話掲載されております。

上の絵は11話の中のワンシーン、左が下絵の段階で右が完成原稿です。
私のザクッとした下絵にアシスタントさんたちの素晴らしい背景と効果が入って
このように完成いたします。
今回は全ページ通してとても人物が多くてですね、私のペン入れが間に合わないので
この1コマ目のようなモブ(群衆)のシーン、下絵は全部愛本が描いたのですが
モブだけアシさんがペン入れしてくれました。このシーン以外も何箇所か。
自分の絵のようなそうでないような不思議な感じがいたしますが、
あんまし違和感もないですよね(笑)。

「頼る」と「迷惑」の間で悩み始める忍に明るい未来は訪れるのか!?
年末年始、のんびりと楽しんでいただければ幸いです。


さて、泣きながらブログを書いた去年の年末から1年がたちました。
今年も激動の1年でした。
前半はモヤモヤとした不安や心配とともに過ごし
秋はスマステの最終回に涙しながらも新しい地図さんの発表に心踊り…
(もちろんソッコーでNAKAMAになりましたとも。)

なんかその後って、「え?あれ?あああああ?」って感じでしたよね?

正直、秋からこっち「幸せすぎて怖い」とか思ってました。
森くんと笑顔で喋ってる彼らを見ている時はものすごい多幸感でした。

一年前のこのブログで、
彼らが本来の自分に戻って望むように生きていってくれたら
それが一番私も幸せだと書きましたけども、まさにそんな気持ちです。
こんなに早くそんな彼らが観られるとは、と。

いろんな思いの人がいるので、複雑な気持ちの人もいるだろうし
あと2人足りないじゃないかとか、素直に喜べないとか
そんな思いもあるとは思うのですけども。

慎吾くんが好きな私の立場で言えば
そうだ、慎吾くんって本当はこんなふうに笑うんだ、と
それを見れるだけでも幸せです。

去年の大晦日、中居くんが言った「誰も悪くない」と言う言葉。
大人の彼らがそれぞれに自分の正義を貫いた、そして自分で道を選んだ。
そしてそれぞれの場所で頑張っている。
この1年はそれを見守りながら自分の気持ちにも折り合いをつけていく
そんな1年でした。

ずっとSMAPさんの曲を一人では聞けなかったのですが
この秋頃から聞けるようになりました。
聞けばやっぱり好きだなあと思うし元気も出ますよね。
(まだライブ映像はつらいんですけども)

「72」もほんとにいい曲で、早速ダウンロードしてヘビロテしてます。
まさかSMAPさんのファンになった時
自分のアイドルに「お互い長生きしようね」と歌われる時が来るなんて
想像もしなかった…。
ついにそこまで来たか…!と思うと感慨深いです。

来年が楽しみです。

え〜、去年精神的喪中のため年賀状を送らなかったので
今年は書くぞーって、11月頃張り切ってたんですが

すみません、今年もあきらめました。
なのでこの場で御礼をば。

今年も1年、愛本を支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
去年、今年と、本当にいろんな方に助けていただいてることを実感する日々です。
来年はできるだけご迷惑をかけないように頑張りたいと思います…ほんとです…。

それでは、良いお年を!







| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-12-04 (Mon)
10.jpg 


お知らせが遅くなってしまいました。

12月1日に発売されたBELOVE24号に
「ぼくの素晴らしい人生」10話が掲載されてます!
もう10話なのか…早いですねえ…。

今回は劇団のお話がメインです。
忍の脚本が完成し、ついに舞台の稽古が始まります。

今までモブのように登場していた劇団員たちの名前が!
そして忘れてたわけじゃないけど今まで書いてなかった遥の名字が!
最初から考えてたわりにはまったく話に関係ないカフェの店名の由来が!

いろいろ明らかになりますよ!
(もっと早めに書いとけやもう10話だぞ…)
(だって書くチャンスがなかったから…)

そして今回、なんと新キャラも登場いたします。
この新キャラがまたちょっと一癖ありそうな感じでしてね…
扉絵も今回のお話に因んで、ちょっといつもと違う雰囲気にしてみましたよ。


で、今回はわたしの漫画の後に!なんと!
毎日新聞論説委員の野沢和弘さんのスペシャルインタビューも
掲載されております!

野沢さんには「だいすき!!」の頃から取材等々ご協力いただいてまして
「だいすき!!」がドラマ化されたときにはHPに知的障害について
わかりやすい解説も書いてくださり、ほんとに大変お世話になっております。
とてもステキなおじさまなんですよ。

今回この漫画を描くきっかけになった南雲明彦さんと初めてお会いしたのも
この野沢さんが立ち上げたNPO法人主催のシンポジウムでした。

わたしも誌面で初めてこのインタビューを読ませていただいたのですが
とても興味深く、気づきがあったりで、とても面白かったです。
みなさんにもぜひ読んでいただければと思います!
野沢さん、ありがとうございました!


あっという間に12月で今年ももう残りわずか。
占いでは今月後半から運勢も良くなってくるみたいなので
なんとかつつがなく2017年を走り抜けたいと思います。
頑張ります〜。

…あ。
あと一つ、えっとですね、一箇所セリフの間違いがありまして…。
BELOVEの195ページ1コマ目の新キャラ、ルウのセリフで
「ハルみたいにばかにされたり?」というのがありますが
「ソラみたいに」の間違いです。
すみません、台詞を書く時に間違えてしまいまして、そのままいってしまいまし…
ハルって誰よ…

何卒よろしくお願いします!




| 未分類 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-11-24 (Fri)
bokusuba2kan.jpg


ちょっとご無沙汰してしまいました。

お知らせが遅くなりましたが「ぼくの素晴らしい人生」2巻
11月13日に発売されましたー\(^o^)/

2巻は忍の子供時代のお話です。
1巻の流れは全く無視!
え、1巻のラストの遥の思わせぶりな微笑みは何だったの?
などという読者の疑問ぶっちぎりの過去編でございます。

ディスレクシアという障害、大人になっても色々と不便なことは多いですけども
一番つらいのは学校時代かな、と思います。
授業のノートをとったり、音読があったりテストがあったりと、
文字を読んだり書いたりすることが多く、しかもそれで評価されてしまう。
人生の中で一番文字に縛られる時期ではないかなあと思います。

連載を始める前からこの過去編は描きたいところだったのですが
最初はやはり「今の忍」から始めたいなと思い、この順番になりました。

子供時代からの忍を描いたことで、私もより忍のことがわかったような気がします。

只今、BELOVEの連載の方では現在に時間が戻りまして
過去編を踏まえ、過去を振り返った忍が物語を紡いでいくところに来ております。

自分のプロット作るだけでも四苦八苦している私が!
忍の作る劇中劇まで作らねばならないという拷問のような状態になっておりますが!
なんとか皆さんにも楽しんでいただければ!

というわけで、一家に一冊。
よろしくお願いいたします!




| 未分類 | COM(2) | | TB(0) | |
2017-10-03 (Tue)
 belove20_201710021834126eb.jpg   bokusuba9.jpg

すっかり秋っぽくなりましたね〜。
もうじきプロ野球が終わってしまうので寂しいです。

只今発売中のBELOVE20号に「ぼくの素晴らしい人生」9話が
掲載されております。
センターカラーをいただいたので今回はちょっとポップな感じにしてみました。

前回までの長い過去編を終えて今回からは現在に戻ってまいりました。
過去編はつらいことが多かったのですが、忍の人生はこれから。
障害を自覚したことで自分に必要なカードを増やしていく忍。
これからも見守っていただければ嬉しいです。
リカチ先生の可愛い表紙が目印です。

このあと、11月1日発売のBELOVE22号はお休みをいただいております。

11月13日には「ぼくの素晴らしい人生」2巻が発売されます。
過去編がまるっと4本、プラス今回の9話も収録されますので
もうしばらくお待ち下さいませ。

さて、先日映画を観てまいりました。
友人が物凄い勢いでおすすめしてたので
韓国映画「新感染」。

sinnksnnsenn.jpg 

どんな映画だろうとネットで調べたら、主役はコン・ユさん。

「あ!このひと前にドラマで観て鳥谷に似てるって思ってた人だ!」と
すぐさま反応する阪神脳。
普段韓流ドラマばかり見ている母と一緒に行ってまいりました。

平たく言うとゾンビ映画です。
ゾンビに噛まれたらゾンビになってしまうわけですが
それが高速列車の中で起こります。

最初はパニックホラー的な映画かな?と思いながら観に行ったのですが
これが予想を裏切る感動巨編でしたよ!
怖いシーンも確かに多いんですけど(グロさはそんなでもなかったです)
それ以上にスピード感と爽快感に釘付けで
家族愛とか友情とか使命感とか、たくさん出てくる主要キャラそれぞれにドラマが有り
最後は感動で涙してしまいました。
すごい面白かったー!

愛本は普段、韓流ドラマや映画を観ていないので
主役のコン・ユさん以外は知らない役者さんだったんですけど
母はどの役者さんも知ってたようです。
これを機に韓流に(今さら)ハマりそうな自分が怖い…。







| お仕事NEWS | COM(3) | | TB(0) | |
2017-09-06 (Wed)
bokusuba8.jpg


ちょっと涼しくなってきましたねー。
今年も大阪の夏は蒸し暑くて大変でした。

1日に発売されたBELOVE18号に「ぼくの素晴らしい人生」8話
掲載されております。

間宮さんから渡された手紙、進路、高校受験。
読字障害の忍に次から次へ襲いかかる問題。

ここ数回描いてきました忍の子供時代。
エピソードとしてはつらい事が多いので、描いていても爽快感はまったくないのですが(笑)
具体的に忍の感じたことを描けたおかげで、忍を身近に感じることが出来ました。
1巻のお話を描いていた頃は、まだなんとなくよそよそしい感じだったんですよね。

過去編は今回で一区切りで、お話は現在に戻りますが
さらに仲良くなっていけたらな~と思います。
読者の皆様にも親しんでいただけますように。


今回、高校受験のエピソードがあったので、自分の受験の時でも買ったことなかった
「過去問題集」というのを買ってみました。
3つの都府県のを買ってみて、それぞれの出題傾向などをアシさんと
調べてみたりしたのですけども。

最近の中学生はあんな難しい問題を解いているんですね…
いや、自分が中学生の頃も習ってるんでしょうけども
もう記憶の彼方ですし…
試しに解いてみたけど問題文の解釈から間違ってたって言うね…
そりゃ忍は大変だわ。
(いや忍関係ないだろ)


DIkcqMgUIAAS-5V.jpg 


仕事以外では相変わらず野球観に行ったりですが
先日、兵庫県立美術館で開催されてる「怖い絵展」に行ってきました。
大人気だそうで、この夏は連日すごい人だったみたいですな。

単純に怖い絵と言うよりは、描かれた背景を知るとなお怖い、ということで
吉田羊さんの声で案内してくれる音声ガイドも借りまして
3時間くらいかけて堪能してまいりました。

じわじわと怖いのもあり、ダイレクトに怖いのもあり
中には突っ込みつつ笑えるのもあり…
でもやっぱり、上の写真の看板にもなってます
「レディ・ジェーン・グレイの処刑」という絵は
大きさもですが、圧巻でした。

見応えたっぷりで楽しかったです。
でも怖い絵ばっかり見続けたので帰りは気分がどんよりしてましたけど(笑)。
兵庫県立美術館では今月18日まで。
10月7日からは東京の上野の森美術館で始まるそうです。
興味のある方はぜひ。






| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-08-01 (Tue)
suba.jpg


梅雨も開けて夏らしくなりましたねえ。
暑いわ!

本日発売のBELOVE16号に「ぼくの素晴らしい人生」7話
掲載されております。

今回は忍も中学三年生になりました。
だんだん学校を休むことも多くなり、焦りや不安を抱えながら
ぼんやりとした毎日を送る忍はある日、塾で以前一緒だった
間宮さんと再会します。

その間宮さんと一緒に映画を観ることになるのです。
大人になった忍は映画が好きという設定なので、
好きになったきっかけのシーンなんですが
この映画をなににしようかな〜としばらく前から悩んでおりまして。
若い子が好きそうな映画がいいかしらと(おばちゃんの発想)
忍の中学時代が今から10年くらい前なので、そのあたりで公開された
映画などもつらつら調べていたのですが…

ここはやっぱり自分がほんとに好きな映画でいこうかなと。
ふっっっっるい映画ですが。

フランク・キャプラ監督の「素晴らしき哉、人生!」という映画
超有名作品なのでご存じの方も多いと思います。
アメリカでは毎年クリスマスになるとテレビ放映されるのだとか。

わたしが初めてこの映画を観たのは一人暮らしをしていた20代の頃で
BSをつけていたら始まったんですよね。
主演がジェームズ・スチュアートという俳優さんなのですが
この俳優さん、ヒッチコック作品によく出てらして
私はヒッチコックが大好きなので
「あ、ジェームズが出てるじゃん!(←気安すぎ)」と
にわかに前のめり。

内容には詳しく触れませんが…
気がついたら正座して観てて、ラストでは号泣してました。
VHSで持っていたのですが観られなくなったので
去年だったかDVDで買い直したところだったのですよね。

まさか自分の漫画で描くことになるとは思ってなかったですが
よく考えたらタイトルも似てるな!?ってことで
連載前から構想してたような雰囲気ですよね!
偶然ですよ!

そんなわけでこの映画
もしまだ観たことないわ〜という方が興味持って観ていただけたら
嬉しいなと思います。

忍の過去編、ホントは3話くらいで終わろうと思ってたんですが…
すみません、もう一話お付き合いくださいませ。


| お仕事NEWS | COM(0) | | TB(0) | |
2017-07-02 (Sun)
ぼくすば6話_002

7月!
もう7月ですか!

ただいま発売中のBELOVE14号に
「ぼくの素晴らしい人生」第6話掲載されております。

今回も前回に引き続き、忍の小学生時代のお話です。
勉強ができない不安から塾へ通うことになった忍に
新しい出会いと新しい発見が…でも中学生になり
仲の良かった友だちとも離れ、勉強もどんどん難しくなり
…というちょっと重めの展開でございます。

お話は重いのですが、子供を描くのは楽しいです。

愛本はもともと、大人より子供を描くのが楽、といいますか
何も考えずに人物を描くと「頭身が短い」んです。

頭身、アレですよ、8頭身とか3頭身とか。
身長が頭何個分かというやつです。

だいたい普通の大人の人は7頭身くらいかと思いますが
漫画だと8頭身とか9頭身とか下手したら10頭身とか
漫画のジャンルにもよりますけど、だいたい皆さん頭が小さいです。

愛本はデビューして何年か、あまり頭身を考えずに漫画を描いていて
ある時思い立って図ってみたら

6頭身。

主人公も、主人公が好きになる(設定ではカッコイイ)男の子も6頭身。
少女漫画に出てくる男としてはあるまじき数値ですよ!

んで、とても絵の上手な漫画家さんがおすすめされてた人物画の本を買ってきて
読んでみたらば、6頭身というのは小学校低学年くらいの子供の頭身だそうで。

まあ、それ以来ちょっとは気をつけて描いているんですけど
気を抜くとすぐに子供体型になってしまうので…

子供時代のお話はあんまし気を使わずに済むというか…

でももう中学生になってしまったのでそれも終わりです…。

次回で子供時代のお話は一区切りかなと思います。
ぜひ、読んでやってくださいませ。




| お仕事NEWS | COM(4) | | TB(0) | |
2017-06-27 (Tue)
1.jpg


暑いんだか寒いんだかよく分からない毎日いかがお過ごしでしょうか。
気圧のせいか毎日眠くてしょうがない愛本です。

今月13日に「ぼくの素晴らしい人生」1巻が発売されました!
ヒューヒューパフパフ♫
…お知らせが遅すぎますね…すみません…

内容は1話から4話と、去年の夏に描いた「ひまわり!!」のスピンオフ
「それからの菊花ちゃん」を同時収録していただきました。

あらためてストーリーを説明しますと…

ディスレクシア(読み書き困難)という自分の障害を知らないまま大人になった忍が
自分と同じ障害のあるカフェのマスター遥と出会い
そこから遥の劇団に巻き込まれて新たな人生を歩き始める、というお話です。


「だいすき!!」「ひまわり!!」と、丸11年かけて知的障害のある人や
その家族、周りで関わっていく人々を描いて、この作品を描くとなった時に
「また障害?」と思われた方もいたのでは。
ええ、若干自分でもツッコミました。

でもなんというか、なんですかね。(なんだよ)

11年「障害」と向き合って考えてきた今だから、
「障害」にとらわれずもっと自由に描けるんじゃないだろうかと
そんな風に思ったりしまして。

なにをどう自由に描いてるんだよと言われると、まだ自分でも手探り状態なのですが
描いていれば「ああ、こういうことだったのか」と自分でも思える日が来るのではと
毎回そんなことを思いながら描いております。
ふ、ふんわりしたことですみません…。

現在本編の方は忍の少年時代を描いているのですが
過去がはっきりすることで未来も見えてくるのかなと思います。
どうなるんだろう、未来。(おーい)

温かく見守ってやってくださいませ。

皆様に楽しんでいただけますように!


| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |
2017-06-05 (Mon)
tobira5.jpg tobira5k.jpg


お久しぶりです!

一ヶ月おやすみをいただいておりました「ぼくの素晴らしい人生」
発売中のビーラブ12号から連載再開してます。
なんと巻頭カラーをいただいておりまして、ビーラブの表紙めくって
「うお、巻頭か!」と自分でびっくりしてしまいました(笑)。

上の絵は、左がわたしの描いたカラー原稿で
右が今回の巻頭のトビラです。
担当さんやデザイナーさんがいろいろ考えてくださってこんな感じで完成します。
結構変わりますよね。


今回は、4話までの流れは一旦置いといて。
忍の子供時代のお話になります。

連載開始時の忍は23歳の設定なので(作中にはっきり書いてないような気がしないでもな…)
その20年ほど前、忍4歳のところからお話が始まって
5話では小学1年生と4年生を描いています。

今はディスレクシアと言う障害もテレビなどでも取り上げられて
「聞いたことある」という人も増えてきましたし、学校の現場でも
小学生の早めの段階でわかることが多いようです。

「だいすき!!」を描いていた頃、特別支援教育が始まりました。
それが今から10年前だそうで、「あの取材ってもう10年も前か!」と
月日の流れに震えます。

忍の小学生時代は特別支援教育もまだ無い頃。
環境にもよるでしょうが、障害に気づかないまま気づかれないまま
大変な学校生活を過ごした人も多かったのかと思います。
次回6話も忍の過去編です。
しばし、少年忍にお付き合いくださいませ。


今回、トビラの次のページに岐阜で特別支援学校の先生をされている
神山忠さんのインタビューが掲載されています。

神山さんは27歳の時にご自身がディスレクシアであることに気づかれました。
ディスレクシアでありながら教員であるという神山さんにお会いしたくて
4月に岐阜で取材をさせていただきました。

お忙しい中、とても興味深いお話をたくさん聞かせていただき
忍や遥のこれからにとても参考になりました。
今回のインタビュー記事も、読んでみて改めて気づきのある内容でした。
関心のある方はぜひ、読んでみてくださいね。


それと、今月は13日に単行本「ぼくの素晴らしい人生」1巻が発売されます。
内容は1話から4話までと、去年の夏に描いた「ひまわり!!」のスピンオフ
菊花ちゃんが主役の「それからの菊花ちゃん」が同時収録されます。
楽しみにお待ちいただければと思います。


さて、お休みの間ももうちょいマメにブログを更新しようと思っていたのに
結局はこの有様で、仕事以外で何をしてたかと言いますと
甲子園に阪神戦を観に行ったり(ここまで3回観に行って1勝2敗)
東京行ってお芝居を観たりしていました。

取材にもご協力いただいてる劇団クロックガールズさんの
女優阿部みさとさんと俳優高橋乱さんが、一人芝居に挑戦されるということで
一人芝居なんて観たことない!なにそれ絶対観たい!と思いまして。

前半と後半でお一人ずつの一人芝居があって、ラストでそれが一つにつながって
思いがけない結末を迎えるという構成でした。
脚本は主宰の江頭美智留さんなのですが、なんていうか
「よくこんなこと考えるなあ…(いい意味で)」なお話で
お二人の狂気すら感じるお芝居にグイグイ引き込まれてしまい
奇しくも劇場の外は祭りの真っ最中で途中お神輿が通ったりしたのですが
それすら気にならないほどの熱演でした。
いいもの観たなあ〜〜。

9月にはまた劇団の本公演もあるそうなので、また上京せねば。
お芝居って、おもしろいですね。


akatokuro

| お仕事NEWS | COM(2) | | TB(0) | |